日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

マラッカ・シンガポール海峡における航行安全と環境保全の向上に関するシンポジウム報告書

 事業名 マ・シ海峡の航行安全対策等の費用対効果と費用負担に関する調査
 団体名 運輸総合研究所 注目度注目度5


資料3-2 日本船主協会からの声明
船主協会ステートメント
マラッカ・シンガポール海峡シンポジウム、2007年3月13-14日
 ありがとうございます。私は日本船主協会(JSA)の中本光夫です。
 
 まず初めに、マラッカ・シンガポール海峡に関する様々な問題について取り組まれている日本財団の笹川陽平会長に感謝申し上げます。
 
 さて、この機会に、マシ海峡の責任分担問題について意見を述べさせていただきたいと思います。
 
 ご既承の通り、マシ海峡はインド洋と南シナ海を結ぶ国際航行に利用される極めて重要な航路であり、年間7万5千隻を超える船舶がこの海峡を通峡しています。したがって、この海峡における安全と汚染防止は非常に重要な問題であります。
 同海峡の大部分はインドネシア、マレーシア、シンガポールの沿岸3ヵ国の領海ではありますが、国際航海で利用するための同海峡に適用される法律上の制度は、国連海洋法条約(UNCLOS)で規定されます。
 
 海洋法条約第43条では、国際航行に使用されている海峡における航行安全や船舶から発生する汚染について、海峡利用国は沿岸国との協力に合意するよう義務を負わせています。しかしながら、残念なことに日本を除いて、この第43条に規定されている協力体制に参加している国はありません。
 
 マシ海峡で利用されている35を超える航行援助施設や設標船が、インドネシアおよびマレーシアに対する国際協力の一環として、日本の非営利団体であるマラッカ海峡協議会により設置され、メンテナンスが行われています。
 また、JSAは過去40年以上に亘って、この責務に対して約900万ドルを貢献してきました。
 
 海峡利用国は、通峡の権利を有する大きな受益者であり、マシ海峡の安全と環境を維持するため責任を共同して担うべきであると考えます。
 沿岸国と利用国が何らかの共同のスキームに参加することは可能であり、それによって利用国はマシ海峡の安全と保安を担保するための責任を担うことができるだろうと思います。
 
 またJSAは、2006年9月に開催された、マラッカ・シンガポール海峡の安全、セキュリティ、環境保全の推進に関するクアラルンプール会議で採択された国際海事機関(IMO)のステートメントに賛辞を送ります。
 われわれは、マラッカ・シンガポール海峡を利用している沿岸国、利用国、海運業界、およびその他関係者が、航行安全および海洋環境保護の推進のために、航行援助施設の整備と更新を行うためのボランタリーな基金のメカニズム確立に向けて協力すべきであるとする本合意を支持します。
 
 しかしながら、われわれはマラッカ・シンガポール海峡を利用する船舶に対して、いかなる種類のものであれ課徴することについては支持しません。
 
 最後になりましたが、JSAはこのシンポジウムを開催された関係者の方々のご努力を高く評価するとともに、実り多い会合となることを強く期待しております。
 
以上
 
JSA Statement
at Symposium on Malacca and Singapore Straits, 13-14 March 2007
 Thank you Chairman, I am Mitsuo Nakamoto of the Japanese Shipowners' Association.
 
 First of all, I would like to extend my deepest appreciation to Mr. Yohei Sasakawa, Chairman of Nippon Foundation, for his efforts in regard to the various issues on the Malacca and Singapore Straits.
 
 Now, on this occasion, I would like to express our views on the issue of burden-sharing on the Malacca and Singapore Straits.
 
 As we all know, the Straits of Malacca and Singapore are vitally important routes used for international navigation between the Indian Ocean and the South China Sea and more than seventy five thousand vessels a year pass through the Straits. Thus it is very important to ensure safety and pollution control in the Straits.
 Although a major part of the Straits are within the territorial sea of three littoral states of Indonesia, Malaysia and Singapore, the legal regime governing the Straits is set out in the United Nations Convention on the Law of the sea (UNCLOS) for straits used for international navigation.
 
 Article 43 of the UNCLOS places an obligation on user states to agree to co-operate with littoral states with regard to navigational safety and vessel-source pollution in straits used for international navigation. Unfortunately, however, with the exception of Japan, the other user states have not joined the cooperative arrangements under Article 43 for the Straits.
 
 More than three-fifths of the aids to navigation and some buoy tenders in the Straits were installed and have been maintaining by the Japanese non-profit organization, the Malacca Straits Council, as part of the international co-operation extended to Indonesia and Malaysia.
 And JSA has been contributed about $ 9 million to this burden over the last 40 years.
 
 The user states are the major beneficiaries of the rights of transit passage through the Straits. Therefore it is only fair that they should bear the responsibility for keeping the Straits safe and environment cooperatively.
 It may be possible for the littoral states and user states to enter into some kind of a corporative scheme, and then user states could assume some of the burden of ensuring safety and security in the Straits.
 
 Furthermore, JSA applauds the IMO Statement that arose out of the Kuala Lumpur Meeting on the Straits of Malacca and Singapore: Enhancing Safety, Security and Environmental Protection that was held on September 2006. We support the agreement that the littoral States, user States, the shipping industry and other stakeholders, which use the Malacca and Singapore Straits, should co-operate towards the establishment of a mechanism for voluntary funding towards the maintenance and renewal of aids to navigation to enhance safety of navigation and the protection of the marine environment.
 
 However, we are not in support of any form of levy on ships using the Malacca and Singapore Straits.
 
 Finally, JSA hold in the highest esteem the efforts concerned parties have made in convening this Symposium and express our strong expectation to be a fruitful meeting.


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,286位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
3,339

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.マ・シ海峡の航行安全対策等の費用対効果と費用負担に関する調査報告書
2.自立支援時代における効果的な保健福祉サービスのあり方に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から