日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

欧州における高速船搭載機器に関する動向調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力
 団体名 日本舶用工業会  


(ブリッジ等レイアウト、搭載機器)
●ブリッジは、中央がキャプテン席、両側はチーフ・オフィサーとチーフ・エンジニアの席。
 
メイン・ブリッジ・コンソール
 
●ブリッジ・ウィングがなく、離着桟時の操船はブリッジ後方のコンソールでカメラ・モニター3台を見ながら行う。肉眼でも船尾は見えるが、船首と船体側面は全く見えない。
 
離着岸用ブリッジ・コンソール
 
●ブリッジの四方がガラス窓のため、太陽光のぎらつきを防止するフィルム状のローラー・スクリーン(ブラインド)は必需品。英国Solar Solve社製のスクリーンを使用。
●独立したエンジン・コントロール・ルームはなく、チーフ・エンジニアはブリッジからエンジンの駆動、モニタリングを行う。
●エンジン・コントロールはISISシステム。エンジンの写真と各計器の図が表示される。頭上にはエンジン・ルームのカメラ・モニターが設置されている。
●煙突がないため、エンジン・ルームの排気は車両デッキから船外に排出される。
●航海機器システムはINCAT社の選択した米国Sperry系(Litton、Decca)のオリジナルのシステムを使っている。
●ECDISはTransas社のNavi-Sailor。既に旧式化しており、あまり使用していない。来年は同じくNavi-Sailorの新バージョンにアップグレードする予定。
●AISは、Raytheon製でミニマム・ディスプレイを使用。あまり使うことはない。
●当社の高速船は全て暗視装置を装備しているが、本船の暗視装置は故障中。近々、トリマラン「Benchijigua Express」と同じCurrent社のナイト・ナビゲーターに変更する予定。
 
(推進システム関連)
●Rustonエンジンは4機で冗長性が確保されており、2機が故障したときでも、船速は22ノット程度に落ちるが、運航は可能。ラ・ゴメラ島のバースを、次に入港する「Benchijigua Express」用に空けるため、乗客・車両の下船後に沖合で停泊をすることがあるが、その場合は、エンジン2機のみを駆動し、燃料を節約している。
●Lipsウォータージェットは2基(マスターとスレイブ)ずつをタンデム操作している。操船性は良いが、マスターとスレイブを接続する電気系統に時々問題が発生することがある。
 
ウォータージェット:マスター(右)とスレイブ
 
●減揺装置は、Maritime Dynamics/INCAT製のライド・コントロール・システム。トランサムに取り付けられたトリムタブと船首下部のTフォイルを自動制御する。
●しかし、カナリア諸島の海域はゴンドウクジラやイルカが多く、本船のTフォイルはクジラに衝突して破損。現在使用できない状態にある。この海域ではよく発生する事故である。
 
(その他運航、メンテナンス等)
●定期ドックはラ・パルマ島のドックを利用している。
●高速船用の特別な港湾設備は使用していない。高さの調節できるリンクスパンを使用、乗客車両入れ換え作業は効率的に行われ、着桟後15分以内に出航可能。
●湾内で180度旋回し、船尾から着桟。狭い港とバースの位置の関係で、係船に手間取ることがあり、オートムーアリング・システムがあれば、便利で効率的だと思う。
●現在、当航路(テネリフェ島=ラ・ゴメラ島)には、本船と新造トリマラン「Benchijigua Express」2隻が運航している。所要時間は片道約35分。両船とも船速36〜38ノットで運航。
●本船は午後はテネリフェ島とエル・ヒエロ島を往復する。
●テネリフェ=ラ・ゴメラ航路にはFred. Olsen社を含め、3社が参入している。ARMAS社は通常フェリー1隻をシャトル運航、Garajonay Expres社はノルウェーFjellstrand建造の40mカタマラン型高速旅客フェリー(33ノット)を運航しているが、朝は狭いロス・クリスチャノス港で出航が同時になることがあり、また停泊禁止水域に停泊している小型船も多いため、非常に神経を使う。
●ARMAS社の通常フェリーとFred. Olsenの高速船の運賃の差は、乗客で片道1.5ユーロ、乗用車で片道8ユーロ程度。通常フェリーの所要時間は高速船の倍以上の約90分。特にラ・ゴメラ島への日帰り観光客、及び高速貨物輸送トラックには当社高速船の人気が高い。
●本船の1日のディーゼル・オイル消費量は1時間当たり約4,000リットル、1日の消費量は平均約29,000リットル。タンクは180,000リットル貯蔵可能。
●HSCはディーゼル・オイルを使用するため、どうしても運航コストが高くなる。
●船速を少々落としても、重油を使用する大型通常フェリーを運航し、停泊時間を短くして、回転率を高める方が運航コストは抑えられるだろう。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
326位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
32,998

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.EU拡大に伴う欧州造船・舶用機器市場に与える影響等に関する調査
2.米国における舶用製品開発に応用可能な萌芽的研究開発(ナノテク)の動向に関する調査
3.中国における舶用工業製品の市場構造に関する調査
4.米国の舶用機器市場(マリンレジャー関連)構造及び今後の動向に関する調査
5.中国における内航物流と内航舶用機器に関する調査
6.鹿児島県の離島における静脈物流ネットワークのあり方に関する調査研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から