日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うらやましいつがね

 事業名 <郷土学>津金学の新構築−「結い」から生まれる地域文化と再生活用実学
 団体名 文化資源活用協会 注目度注目度1


インタビュー
◎修復に携わって
住むのでなく集まるのでいいんじゃない。
山下 龍さん
やました・りゅう
家具職人
1976年愛媛県生まれ
高校卒業後、岐阜県高山市の専門学校にて木工芸を専攻。卒業後、茨城県の家具製作会社に就職、家具職人となる。
2004年11月に山梨県北杜市須玉町津金地区に移住。古家を改修しながら、工房設立準備をはじめ、2006年3月より、工房「Ryuz」開始。
 
 家具工房を作ろうと空家と倉庫を探し、世田谷の建築士から津金を紹介していただきました。きてもう2年になります。工房が最近完成し忙しくしています。家具は古材にこだわらずいいものをと考えています。ただ古材がいいのは、タイミングによってはうまく手に入るし、色も深く渋く、乾いて軽いのでいいですね。
 
−木工がお仕事ですが、「古民家」を直すことに関わっていくことには抵抗はなかったですか。
 
 高橋さんは、自分の家はお持ちなのでもういらないじゃないですか。それをあえて買って直そうというのですから、私もやらなくてはと思ったので。
 
−「なかや」の修復のワークショップについてご感想を聞かせてください。
 
 「ワークショップ」という言葉は津金に来て初めて知りました。何か出店で売るのかと思っていたのですが、みんなで働くということが新鮮でした。持ちつ持たれつということですか。ただ津金に来て参加するのはいいですが、時間や目的をはっきりしないとお互いに何をやりにきたんだろうとなりますね。
 
−「なかや」のような空家が津金にたくさんありますが、増えることについてどう思いますか。
 
 しようがないと思います。住民として、自分もやらなければいけないことはやりますが、昔からの過疎になるには過疎になるなりの理由がしきたりなどにあるのかもしれません。小さい町ですから、もっとこだわらずにいければいいのにと感じます。空き家は、建物が建っている以上は使ったほうがいいと思います。住んでないとやっぱりだめですね。空き家を貸したがらない理由に、荷物の処分が面倒なのがありますね。片付けるのがひとりでは苦難だったら、ワークショップでみんなで片付けてあげてはどうでしょうか。家の中は片付くし、いらないいいものがあるならもらえるかなあ。(笑)
 
−「なかや」を修復してみて思うことはどんなことですか。
 
 古民家は使いづらいものです。いまお手伝いしている他の古民家を見ても、ほんとに住みにくかっただろうと思います。寒いし、外便所、増築で継ぎ目の木が雨漏りで腐っているし、天井も無理やり貼っているから圧迫感があります。住みにくいから増築を繰り返していって、結局だめだとなって、新築するのです。すでにお金も使ってるし、津金の空き家は大きいから、独りで暮らすのは怖いですよね。「なかや」は、古いものを残したいのならそのままの形を維持できればいいと思います。住むのとは別ということですね。「なかや」は人が集まる場などに活用していきたいのなら、それでいいと思います。
2006年5月23日(インタビュー・文起:吉本)
 


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,025位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
3,896

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.10周年記念誌「被害者支援 10年のあゆみ」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から