日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 文学 > 日本文学 > 成果物情報

第9回海洋文学大賞受賞作品集

 事業名 海洋文学大賞の実施
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


海の子ども文学賞部門佳作受賞作品
ちいさなうみ
中崎 千枝(なかざき・ちえ)
本名=同じ。一九六三年、福島県生まれ。郡山女子短期大学文化学科卒業。主婦。東京都世田谷区在住。
 
 夏休みの午後、公園で兄ちゃんと自転車にのって遊んでいたら、兄ちゃんの友だちが話しかけてきた。
 「サッカーのメンバーたりないんだけど、いっしょにやらない?」
 兄ちゃんは、よろこんで答えた。
 「うん。・・・あっ、でも弟のナミもはいっていいかな?」
 「一年生だろ、あぶないからだめだな」
 そういうかんたんな話しあいのけっか、
 「じゃあ、ナミはうちに帰ってな」
ということになった。
 チェッ、と思って、ぼくは、公園のすみをふらふら自転車ではしっていた。そしたら、しげみの下に青いものが見えたんだ。・・・それが、ちいさなうみだった。
 たて二十センチ、よこ二十センチくらいのもので、色は、真夏の空をハサミでジョキジョキ切ったような青。そしくまわりには白いレースがふちどりされていたから、
 「なんだハンカチか」
と思って、そうつぶやいた。
 そしたらそれは、
 「ぼ、ぼ、ぼく、ハンカチじゃないです。ちいさなうみです」
っていうんだよ。白いレースをふわふわゆらして。
 「うみ?どう見たってハンカチじゃん。白いレースまでついてて。一年生だとおもって、ぼくのことバカにしてんの?」
 ぼくがいうと、そいつは、
 「レースのように見えるのは、波なんです」とこたえた。
 「ほんとか? じゃあさわってみるぞ」
 ぼくは自転車からおりて、しゃがんで、まずはそれをじっくり見た。そしたら、青いところはゆらゆらゆれはじめ、白いレースに見えたところは、波しぶきのようによせたりかえしたりしている。手をのばしてさわってみると、ひんやりした。水だった。しかも、指をいれるとどんどん青のなかに入っていく。さいごには、手くびまでぜんぶ入ってしまった。手をゆらすと、チャプチャプ波だってくる。
 ほんとにほんとに、うみだった。
 「ウヘッ!」
 おもわずそういったら、そいつは、
 「ウヘッてなんですか、ウヘッて」
と、きいてくる。
 「ウワッとヘエが、まざっちゃったんだよ。なんだよ、いちいちつっこむなよ」
 ぼくはうみから手をぬいて、ブラブラふって水気をきった。
 するとうみくんは、もうしわけなさそうにいった。
 「すいません。ぼく、人間とあまり話したことなくて」
 「まあ、いいよ。でも、どうして、うみなのに公園なんかにいるの?」
 ぼくがそう聞いたら、ワンワンワンと近くで犬がほえた。
 「あら、ごめんなさい。こらシバちゃん、ほえないのよ」
 赤いリードをひきよせて、おばさんが、散歩中の柴犬をひっぱっていった。
 すると、うみくんはまた、ハンカチみたいにかたまっていた。
 さっきまで波だっていたのに、アイロンをかけたみたいに、キーンとかたくなっている。それに、うすっぺらで、ヒラヒラで、どうみてもハンカチだった。
 「どうなってんだ。ぼく、熱でもあるのかな」
 そうつぶやいたら、きゅうにのどがかわいてきたので、ぼくはうみくんを丸めてポケットに入れて、うちに帰ることにした。
 うちに帰ると、さっそく、台所で麦茶を二はいのんだ。すると、やっとおちついてきたので、ポケットからうみくんを出して、テーブルの上にひろげてみた。
 お母さんもでかけていて、だれもいない。柱時計の音だけが、カタカタなっている。
 しばらくすると、うみくんもほっとしたんだろうか。また青いところが波だちはじめ、白いレースは波しぶきになっていった。
 そして、うみくんはいった。
 「こ、こ、ここ、どこ?」
 「ぼくんちだよ、今は、ぼくしかいないけどね」
 「い、い、いぬは?」
 「いないよ」
 するとうみくんは、ほんとにほっとしたようすで、からだをゆるめ、ゆらゆらさせた。
 「もしかして、きみ、犬がきらいなの?」
 ぼくがきくと、うみくんは話はじめた。
 「うん、ぼく、いろいろこわいものが多いんだ。犬にほえられただけでも、たちまちキンチョーして、からだがかたくなっちゃうんだ。それで、さっきも海岸で犬がほえたから、ぼくかたくなってたら、その犬、ぼくをくわえて走ったんだよ」
 「ワンワン、ワンワン」
 ぼくが犬のまねをしたら、うみくんはまたかたまっちゃった。
 「ククク・・・ごめんごめん。だいじょうぶだよ、ぼくだよ、ナミだよ」
 そういうと、うみくんはからだをほぐしてしゃべった。
 「もう、おどかさないでよ」
 「へへへ」
 「えっと、それでね、ぼく、その犬にくわえられたまま、犬の飼い主の車にのせられて・・・気づいたらこの町にいたってわけなんだ。で、犬は家につくとよろこんで、ワンワンいったから、その時ぼくはやっと犬の口から出られたんだけど、すぐ風にとばされちゃって・・・」
 「それで、公園まできちゃったんだね」
 「うん。でも、きっと海岸では、家族や親せきがぼくをさがしてると思うんだ」
 「へえ、海って、そういうのいっぱいあつまってできてんの?」
 「そうだよ、おじいちゃんくらいになると、すごく大きくなって沖のほうにいるけどね」
 「へえ、そうなんだ」
 「うん。それに、ぼくみたいに気が小さくてすぐにかたまっちゃううみなんて、そういないからね・・・ウウウ・・・母さん」
 うみくんの声は、だんだん泣いてるみたいになってきた。
 それでぼくは、つい、いっちゃった。
 「じゃあぼくが、きみを海までもどしてあげるよ」
 海へは、ときどき家族で行く。バスにのって三十分ぐらいだ。
 ぼくは自分の部屋へいって、つくえにしまっておいたお年玉ぶくろから、お金をだしてポケットに入れた。
 でも・・・ひとりで海までいけるかな。それに、うみくんをどうやってつれていこう。
 考えていたら、台所からお母さんの大きな声がした。
 「こらっ、テーブルの上に水こぼしたの、だれなの?ちゃんとふきなさい」
 お母さんが買い物から帰ってきて、テーブルの上のうみくんを見たらしい。
 ぼくは、いそいで台所にもどっていった。みるとうみくんは、お母さんの大きな声をきき、キンチョーしてまたハンカチになっていた。
 お母さんはそれに気づかず、買ってきた野菜を冷蔵庫につめている。
 「ごめんなさーい。ふいときまーす」
 ぼくは、テーブルをふいたふりをして、うみくんをポケットに入れ、
 「また遊んでくるねー」
と、いそいで外にでていった。
 外は、もえるようなあつさだった。
 でも、うみくんはハンカチになってるから、今がチャンスなんだと思った。
 とりあえず駅まで歩いていって、そこから海岸行きのバスにのることにした。
 バス停には、なん人も人がならんでいた。ぼくも列の一番後ろにならんで、ポケットのうみくんにきいてみた。
 「ねえ、ちひろ海岸でいいの?」
と、小声で。
 すると、ぼくの前にならんでいた太ったおじさんが、
 「わしゃ、そのひとつ手前」
なんてこたえた。
 「ああ・・・はい、すいません」
 おじさんに話かけたんじゃないのになあ。とおもっていると、うみくんは、うんとうなずくみたいに、ポケットの中でうごいた。
 そうしているうちに、「ちひろ海岸行き」とかかれたバスがきた。
 のると、冷房がきいてて気持ちいい。ぼくは、一番うしろの長いいすにすわった。となりにあの太ったおじさんもすわった。
 バスにゆられて、しばらくはしる。
 ぼくは、ひとりでバスにのるのははじめてだったから、キンチョーして、あたりをきょろきょろ見たりしてた。
 ポケットのなかでは、うみくんも、あいかわらずキンチョーしてるようだ。よし、かたくなってる。安心、安心。・・・とおもいきや、しばらくすると、小さくうみくんの声がきこえてきた。
 「こんなふうに、波みたいにゆられると、気持ちいいね」
 バスにゆられて気持ちよくなり、キンチョーがほぐれたらしい。
 となりのおじさんにもその声はきこえたらしく、おじさんは、そうだね、とぼくにいった。
 ちがうってば、ぼくの声じゃないよ、とおもったけどだまっていると、おじさんは視線をおろしていって、ぼくのズボンを見た。
 「ところで・・・きみ、おもらしした?」
 見ると、ズボンのポケットがぬれていた。水色のズボンだったから、まるく青いシミができている。ちょっとつめたい。となりのおじさんにも、かんじたのかもしれない。
 「ハハハハ・・・」
 ぼくは、まずわらった。それから、とっさにこんなことをいってた。
 「これ、オーストラリアの地図だよ。お父さんが買ってきてくれたんだ。でも、おしっこもらしたみたいに見える?まったく、へんなもようだよね」
 ぼくはそういって、ポケットをたたいた。
 するとうみくんはハッとして、またかたまった。
 となりのおじさんは、
 「ハハハ・・・そりゃ失礼。なるほど。オーストラリアの地図ね」
と、なんとかわかってくれたようだった。
 そして、ちひろ海岸のひとつ手前でおりていった。
 「やれやれ」
 おじさんがおりていくようすを見て、ぼくはほっとした。
 それから、ぼくも、次のちひろ海岸でおりた。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,036位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
3,795

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.第7回海洋文学大賞作品集ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から