日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

私たちの東京港

 事業名 小学生等を対象とした海事施設等見学研修の実施
 団体名 東京都港湾振興協会  


8. 私たちの東京港
 わたしたちは、「よりしあわせな生活」とともに、「より豊か(ゆたか)な心」で毎日を送りたいという願い(ねがい)をもっています。東京都はこのようなわたしたちの願いの実現(じつげん)のために、東京港の再開発(さいかいはつ)を計画し、すでにその計画を進めています。
 
(1)臨海副都心(りんかいふくとしん)
 442ヘクタール(東京ドームの約94倍)の、東京で海に面した、ただ一つの副都心です。豊かな緑と水辺を生かした環境(かんきょう)のなかで人々が生き生きと住み、働ける国際都市をつくろうとするものです。
 都心部と副都心とは、ゆりかもめ、りんかい線、海上バス、都バスなどで結ばれています。
 
(2)レインボーブリッジ
 東京港のシンボルとして平成5年に完成し、都心部と臨海副都心を結んでいます。橋は上下に分かれていて、上部が首都高速道路、下部は一般道路と中央にゆりかもめ専用軌道(きどう)、一番外側には歩いて橋を渡れる遊歩道(ゆうほどう)があります。
 
 
レインボーブリッジ全景 (撮影 熊切圭介)
 
(3)新交通ゆりかもめ
 都心部と臨海副都心を結ぶ大切な交通手段として平成7年に開通しました。新橋から竹芝、レインボーブリッジを渡り、終点有明駅まで臨海副都心を回って12の駅を24分で走ります。
 
ゆりかもめ
 
 動力は電気を使用しているので排気ガスがでません。また専用の軌道をゴムのタイヤで走るので、騒音(そうおん)や振動(しんどう)が少なく、環境を考えた設計になっています。
 そして驚くことに、この乗物は運転手なしで走れるのです。ドアの開閉から難しい運転まで有明にある中央指令室でモニター画面をみながらすべて行なっています。
 
(4)竹芝・芝浦ふ頭再開発
 これらのふ頭は、建設してから60年以上もたって古くなっています。そこで、ふ頭前面を埋め立て(幅約30〜100メートル前面へ)、ふ頭の再開発を始めました。
 竹芝ふ頭では、昭和63年から平成7年までふ頭の再開発が行なわれ、今の時代にあった港湾施設やホテル・ビル・公園等ができました。
 
竹芝ふ頭全景
 
臨海副都心
臨海副都心全景
 
青海地区 テレコムセンター
 
有明地区 国際展示場「東京ビックサイト」
 
台場地区


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,275位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
1,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.無料の船に乗って見学しよう チラシ
2.海上安全講習会等実施状況写真集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から