日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

私たちの東京港

 事業名 小学生等を対象とした海事施設等見学研修の実施
 団体名 東京都港湾振興協会  


2. 世界と結ぶ(むすぶ)東京港
 昭和16年5月20日東京港は、外国貿易(ぼうえき)の貨物を積んだ船が入港できるようになりました。これを「開港(かいこう)」といいます。そのころは、おもに現在(げんざい)の中国と貿易が行われていました。
 その後、昭和42年9月からコンテナ船による貿易が始まり、世界各国の定期船が入港する国際貿易港(こくさいぼうえきこう)なりました。
 そして、ますます発展(はってん)を続けるわたしたちの東京港は、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど、世界中の国々と航路(船の通る道)で結ばれています。
 
(1)コンテナ航路網
(拡大画面:47KB)
 
(2)東京港で見る外国船
 船は船尾(せんび)にかならず自分の国の国旗を掲げて(かかげて)います。また、日本に入港する外国船は一番高いマストに、日本の国旗(こっき)を掲げています。これは船のあいさつで、日本の船が外国の港に入港すると、その国の国旗を掲げることになっています。東京港に入港した外国船をおもに国別に分けてみると、次の表のようになります。
 
 
晴海客船ターミナルと豪華客船
 
青海ふ頭に停泊中のコンテナ船


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,275位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
1,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.無料の船に乗って見学しよう チラシ
2.海上安全講習会等実施状況写真集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から