日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

私たちの東京港

 事業名 小学生等を対象とした海事施設等見学研修の実施
 団体名 東京都港湾振興協会  


(2)輸入(ゆにゅう)食品と東京港
 
 東京港で扱う(あつかう)貨物の中でも、わたしたち都民(とみん)の毎日の生活にとって大切な食料品(しょくりょうひん)の多くは外国からの輸入でまかなわれています。
 
●麦(むぎ)・豆類(まめるい)
 わたしたちが、食べているパンやうどん、お菓子(かし)などを作る小麦粉(こむぎこ)の原料(げんりょう)は小麦です。この小麦は、カナダ、アメリカ、オーストラリアの国々から運ばれてきます。その量は、およそ41万トンにもなります。
 豆類やとうもろこし、米などは、20万トン入りました。豆類の中の大豆は、とうふやなっとう、みそになります。
 
 
●魚介類(ぎょかいるい)
 いか、えび、まぐろなど、魚の大部分が冷凍魚(れいとうぎょ)として港につきます。年間の取扱いは約221万トンですが、そのうち、約162万トンは輸入(ゆにゅう)品です。
 輸入される種類としては、アフリカの大西洋側のカナリヤ諸島(しょとう)付近でとれるいかやまぐろ、インドネシア・スペインからはえび、アメリカやカナダからは数(かず)の子・いくらなどが運ばれてきます。
 
 
●くだもの・野菜(やさい)
 バナナ・グレープフルーツ・オレンジ・レモンなど約157万トンが、アメリカ、フィリピン、台湾(たいわん)などから運ばれてきます。
 
 
●肉類(にくるい)
 牛肉(ぎゅうにく)や豚肉(ぶたにく)などの畜産品は、オーストラリア・アメリカ・カナダ・ドイツ・台湾などから約141万トン輸入されています。これらの肉類は、ハムやソーセージなどに加工されたリして、肉屋さんの店に並べられています。
 
 
●砂糖(さとう)・飲料水・その他の食品
 東京港には、塩や砂糖を専門(せんもん)に取り扱うふ頭や上屋(うわや)(船で運ぶ品物を短期間(たんきかん)保管(ほかん)したり、荷さばきするための建物)があり、飲料水、その他製造食品など49万トン、砂糖約8万トンが運びこまれています。
 
 
輸入穀物(小麦)
 
 そのほか、のり・ところてんは韓国から、そば粉は中国・ブラジル・カナダの国々から、ぜんまい・しょうが・梅干し(うめぼし)は中国・韓国・台湾から、こんにゃくは、中国・インドネシアの国々から送られ、東京港に入ってきています。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,275位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
1,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.無料の船に乗って見学しよう チラシ
2.海上安全講習会等実施状況写真集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から