日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

私たちの東京港

 事業名 小学生等を対象とした海事施設等見学研修の実施
 団体名 東京都港湾振興協会  


3. 全国と結ぶ(むすぶ)東京港
 東京港には、北海道、東北、伊豆諸島、小笠原(おがさわら)、四国、九州、沖縄との間に、客船・フェリー・貨物船(かもつせん)(ローロー船・コンテナ船など)の定期航路があります。さらにその他の全国の港とは不定期航路で結ばれています。
 
(拡大画面:57KB)
 
4. コンテナについて
(1)コンテナができる前
 金属製の丈夫なコンテナができるまえ、荷物は布の袋や木の箱などに入れられて運ばれていました。しかし荷物の重みで下の物がつぶれる、雨で荷物がいたむ、形がバラバラなため陸揚げ(りくあげ)に時間がかかる、など多くの問題点がありました。
 そこで考えだされたのが「コンテナ」です。コンテナは丈夫で、水も入らず、同じ大きさで、2〜3週間かかっていた陸揚げがわずか半日ほどでできるようになりました。
 こうして今までの船での輸送の問題をいっきに解決(かいけつ)し、多くの荷物を安全に、確実(かくじつ)に、早く運ぶことができるようになりました。
(2)コンテナとは・・・
 コンテナは世界のどこの国でも使えるように大きさが決められています。
 国内で使われている貿易用のコンテナは、長さが2種類あって、20フィート(6m)のものと、40フィート(12m)のものがあります。40フィートの方が多く使われています。
 
(拡大画面:40KB)
 
(3)コンテナ船
 コンテナを運ぶ船を「コンテナ船」と呼びます。大きさはいろいろありますが、現在、東京港に来るコンテナ船のうち、最大級のものは約8万トン(有名な豪華客船クイーン・エリザベス2世号は約7万トン)です。これからはさらに大きくしようとする計画があります。東京港では、大きくなるコンテナ船に合わせて、ふ頭を作っていくことにしています。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,275位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
1,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.無料の船に乗って見学しよう チラシ
2.海上安全講習会等実施状況写真集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から