日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

救命艇装置・消防設備の保守点検整備説明会資料

 事業名 船用品等に関する法令研究及び情報提供
 団体名 日本船舶品質管理協会  


船舶用消防設備の点検整備について
 
SOLAS & Flag Requirement
船舶用消防設備の点検整備
(財)日本海事協会
内容
1. 背景
2. 火災保護システム及び設備の整備及び検査のための指針
(IMO MSC/Circ.850)
3. 各国特別要件
4. パナマ特別要件
5. 消防設備の検査
6. その他
 
1. 背景[2000年SOLAS改正前]
・種類別に整備要件及び試験要件がSOLASに明示されていた。
 
第6規則 消火器
5 消火器は、定期的に点検するものとし、また、主官庁が要求することのある試験を受ける。
第13-1規則 試料抽出式煙探知装置
1.10 装置の試験は主官庁の定めるところにより、定期的に試験されなければならない。・・・
 
1. 背景[2000年SOLAS改正後]
・2000年SOLAS改正により第II-2章 第14規則に火災安全措置に関する要件が明示された。
 
第14規則 操作準備及び保守
1.1 防火設備及び消火設備及び器具は、迅速な使用のために維持されなければならない。
1.2 防火設備及び消火設備及び器具は、適切に試験及び点検されなければならない。
 
・同規則には保守・試験及び点検に関する要件が明示されている。
 
第14規則 操作準備及び保守
2.2.1 船上での保守、試験、点検は、「機関が策定した指針」に従って、また消火装置及び器具の信頼性の確保に配慮した方法で、実行されなければならない。
2.2.2 保守計画書を、当該船舶に備え、かつ、主官庁が要求するときはいつでも検査のために提供し得るようにしなければならない。
 
 消防設備の船上での保守、試験及び整備の指針としてIMOが策定した、
「火災保護システム及び設備の整備及び検査のための指針(MSC/Circ.850)」
が第14規則2.2.1にて参照されている。
 但し、本指針には主官庁が実施を要求しない限り、強制力は発生しない。
 
 旗国政府はMSC/Circ.850の発行を踏まえて独自の特別要件を作成した。
 
 また、特別要件の発効を受けて、各国のPSCが厳しく旗国要件に従い消防設備が適切に整備されているか確認し始めた。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
617位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
15,658

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.-船用品及び船舶機器に関する検査関係情報- 「海洋汚染防止設備等」及び「海洋汚染防止緊急手引書」検査心得の一部改正
2.SART性能要件見直しに係る提案文書 / Revision of the performance standards for Search and Rescue Radar Transponder(SART)
3.the effectiveness of CURCULAR POLARIZATION SART
4.-船用品及び船舶機器に関する検査関係情報- 「海上退船システムガイドライン」及び船舶検査心得一部改正(案)
5.-船用品及び船舶機器に関する検査関係情報- 相当確認、相当手引書の承認及び相当原動機証書の交付の運用について
6.-船用品及び船舶機器に関する検査関係情報- 沿岸小型船舶関連 「小型船舶安全規則等の一部改正」及び「船舶検査心得の一部改正」
7.平成16年度 天然ガス改質舶用遮熱エンジンの研究開発報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から