日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/11/16 産経新聞朝刊
【主張】中国新体制 新鮮さ欠く江時代の延長
 
 中国共産党の新指導部が発足した。トップの総書記には、七十六歳の江沢民氏に代わって、五十九歳の胡錦濤氏が就任し、最高指導機関である政治局常務委員会は九人に増員されたが、胡氏以外の八人は新任で、しかも六十歳前後の第四世代が中心になった。しかし新指導部が清新のイメージを欠いているのは否めない。路線も組織も江政権の延長だからである。
 今十六回党大会の焦点は、江氏ら七十歳超の第三世代から第四世代への政権交代がスムーズに行われるかどうかにあった。形の上では、党史上初めて「正常な交代」ができたかに見える。前政治局常務委員七人のうち、胡氏を除く六人は中央委員会からも身を引き、来春には、兼任していた国家や政府の指導ポストからも外れることが確実になった。政治局のメンバーも一人を除いて一新された。
 これほど全面的な指導部の交代は前例がない。しかしこれを胡体制というのには疑問がある。なぜなら江氏は、総書記は辞任し、来春には兼任している国家主席も辞めることが確実なものの、中央軍事委員会主席には留任したからである。
 中央委員を辞めた後も軍事委主席にとどまり、実権を振るったトウ小平氏の前例に倣ったともいえるが、トウ氏は一九八九年に江氏が総書記に就いた五カ月後に軍事委主席を江氏に譲り、権力の集中を図っている。
 江氏は引退後も「院政」を敷き、次期政権への影響力を行使するつもりのようだ。その点は新政治局常務委員会の絶対的多数が、江氏の側近や江氏に近い指導者で占められていることも同様である。これでは院政どころか、江体制の継続ではないか。その中で胡氏が独自の政策を打ち出すのは難しいだろう。
 実際、胡氏は十五日の記者会見で、私営企業家も入党させ、経済発展を図る「三つの代表」論を指導思想に、江路線を継続することを明らかにしている。江路線は上海など沿海部の発展を重視、内陸部との格差を広げ、失業増加や腐敗を深刻化させた。
 そうした社会矛盾を解決するには、表現の自由の保障を含めた政治改革が不可欠だが、胡氏には今のところ多くは期待できそうもない。
トウ=登におおざと
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
63位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
155,923

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から