日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/03/19 読売新聞朝刊
[社説]中国新体制 「責任大国」に問われる建設的役割
 
 中国の全国人民代表大会(全人代)で、政府の新しい首脳が決まった。
 昨年十一月の共産党大会で総書記に就任した胡錦濤氏が江沢民氏に代わって国家主席(国家元首)に選出され、温家宝副首相が朱鎔基首相の後任に選ばれた。
 共産党政権における、いわゆる「第四世代」が要職を占め、指導部の世代交代が実現した。しかし、「第三世代」の中でただひとり、江氏が国家中央軍事委員会主席にとどまった。しばらくは江氏の「院政」が続くものとみられる。
 当面、共産党の一党独裁体制下で経済発展を最優先するという国造りの基本に変化はない、と見ていい。
 ただ、急速な経済発展に伴う負の遺産でもある所得格差や地域格差、党官僚の腐敗がますます深刻化し、国民の不満は高まっている。新指導部はまず、こうした問題への対応を問われる。
 全人代の投票で、胡、温両氏はきわめて高い支持率を得たが、江氏および江派とされる指導者への反対・棄権票が少なくなかった。
 権力の座に居すわった江氏への反発を物語るものだ。党の指導ポストから降りた江氏が、軍のトップを占めるという変則人事への批判でもあろう。
 反面、胡、温両氏への高率の支持は、新しい治世への期待を示すものだ。その期待に応えるためにも、これまで事実上棚上げされてきた政治改革を積極的に推進すべきだろう。
 新指導部は外交の場でもその手腕を問われることになる。
 全人代と時期を同じくして開かれた国連安保理では、米英と仏独露がイラク問題をめぐって鋭く対立した。
 常任理事国でもある中国は、査察の続行を主張して米英を牽制(けんせい)したものの、その影はきわめて薄かった。
 唯一の超大国の米国に注文はつけても、対決は避けるという戦略に基づいている。経済発展を重視する中国にとって最大の輸出先である米国との関係を悪化させるわけにはいかないからだ。
 しかし、核開発計画を進める北朝鮮に対しては、イラク問題と同様の影の薄い振る舞いは許されないだろう。
 国際社会は、隣国として援助国として密接な関係にある北朝鮮への建設的な影響力を強く期待している。中国には「責任大国」にふさわしい役割が求められていると言えよう。
 国際社会の中国に対するまなざしは、中国が経済を発展させ、存在感を増すにつれて厳しくなっている。新指導部はそのことを銘記すべきである。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
61位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
155,645

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から