日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2001/03/19 読売新聞朝刊
[社説]中国全人代 やはり格差と腐敗が問題だ
 
 中国の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)が、今年から二〇〇五年までの第十次五か年計画に関する朱鎔基首相の報告などを承認して閉幕した。
 中国は今世紀の半ばには国民一人当たりの国内総生産(GDP)で中進国の仲間入りをしたいと考えている。そのため今後十年間でGDPを倍増することが当面の目標だ。
 今度の五か年計画は、このGDP倍増構想を実現するための青写真で、年間7%程度の成長を目指している。
 一党独裁を続ける共産党にとって、経済を発展させ、国民の生活を豊かにすることは、支配の正当性について国民の支持を得るためには不可欠だ。
 だが、国民の不満が増大し、党への支持が揺らぎつつある。格差と腐敗が、その二大要因だ。過去二十数年間に及ぶ改革・開放政策の負の遺産でもある。
 朱鎔基報告が、農民の収入増大の必要性を強調し、西部大開発に取り組むとしているのも、都市と農村、沿海地区と内陸地区の格差がもはや無視できないものとなっていることを物語っている。
 とりわけこの数年、農民の収入の伸びは低く、格差が拡大している。世界貿易機関(WTO)への加盟が、農業に打撃を与えるのは必至で、農民の不満はさらに大きくなりかねない。
 腐敗問題も深刻化する一方だ。最高人民検察院や最高人民法院の活動報告に対する全人代の承認採決で、三分の一近い批判票が出たのは、腐敗のまん延と摘発の不十分さへの不満を示している。
 党と国家の存亡にかかわるとして、江沢民政権は腐敗一掃を目指し「正しい気風を重んずる」運動や、「広範な人民の利益を代表する」運動を展開している。最近では、「徳をもって国を治めよう」とも呼びかけている。だが、状況は一向に改善されない。
 権力を握る党や政府の幹部の自覚に頼るだけでは不十分だ。問題の核心は、権力者と権力機関をチェックできる制度の確立にある。
 一党支配は、言ってみれば、魚を狙うネコの監視をネコ自身にさせるようなものだ。腐敗をなくするためには、一党支配の核心に触れるような大胆な改革が必要だろう。
 中国国内でも、むろん体制内にとどまるとはいえ、政治的な改革を求める声が次第に高まっている。朱鎔基報告も、そうした意味での政治的改革に言及したが具体性と実効性に欠けている。
 安定重視も結構だが、政治的な改革の先送りは、かえって政治的、社会的安定を損なう結果になるだろう。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
60位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
155,403

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から