日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/20 読売新聞朝刊
[社説]トウ小平氏が描いた「トウ小平以後」
 
 中国を支配する中国共産党の五年に一度の党大会が終わった。
 この五年の間に、冷戦は終結し、ソ連・東欧の社会主義は消滅した。社会主義国は中国を含め数か国を残すのみとなった。同時に、中国は最高実力者、トウ小平氏が八十八歳のよわいを数えるに至り、後継体制固めが急がれる局面に入っていた。
 二つの意味で注目された党大会だったが、結果はまさに歴史的な大会となった。
 党の基本路線として「社会主義市場経済の確立」が公式に打ち出された。「社会主義」の名がかぶせてあり、一党独裁は変わらないものの、経済は限り無く資本主義に近づく道を歩み出したと言ってよい。
 トウ氏によれば「中国の特色ある社会主義」ということになろうが、そのトウ氏の「理論」が党の指針として新たに党規約に盛り込まれもした。
 当然のことながら、新中央委員会と政治局などの指導部人事は全体として、トウ路線推進の布陣となった。
 中央委員の六一%が五十五歳以下と若返った。目立つのは、改革派の進出と保守派の退潮だ。高狄・人民日報社長など、宣伝部門の保守派も退いた。
 ほぼ同じことが政治局についても言えるだろう。政治局常務委員は六人から七人に増えたが、江沢民・総書記、李鵬・首相ら四人が留任、保守派とされる二人が退任、新たに改革派の朱鎔基・副首相、劉華清・中央軍事委副主席、胡錦涛・チベット自治区書記が入った。
 朱氏は日本型通産省をめざす経済貿易弁公室主任であり、市場経済化の中心的担い手となろう。胡氏は四十九歳の若さだ。
 政治局委員も顔ぶれを一新、地方など改革・開放の現場で活躍する改革派が大量に進出した。保守派長老の拠点とされた中央顧問委員会は廃止された。
 要するに、トウ氏が後継体制として描いたのは、生産力の発展と安定を優先させる党路線の設定とそれを担う、江氏を中心とする実務型集団指導体制だろうし、その狙いはほぼ実現したと言えるのではないか。
 だが、この体制がトウ以後の中国の長期にわたる安定を約束するか、なお不透明と言わざるを得まい。市場経済化は逆戻りすることはないだろう。実態の反映であるし、世界的流れでもある。逆戻りさせようとすれば、混乱は必至だ。しかし、トウ氏のような指導者を欠いた時、権力闘争が起きないとの保証はない。民主化の問題も残る。
 中国の安定はわが国の望むところであり、引き続き、改革・開放を側面から支援すべきだ。それを中国が民主化への軟着陸につなげるよう改めて促したい。
 新中央委員の二割は軍関係者である。軍の発言力が増すだろう。劉・新政治局常務委員はトウ氏直系の海軍指導者だ。トウ氏には、改革・開放、安定確保の支えとしての軍部と軍の近代化が念頭にあるのだろう。
 だが、仮にも、海空軍力の増強を含め軍の「近代化」が近隣諸国に脅威感を与えるものになってはなるまい。中国の発展には平和な国際環境が必要なはずである。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
61位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
155,645

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から