日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 日本史 > 成果物情報

「北前船とその時代」展 図録

 事業名 海と船の企画展
 団体名 中国海事広報協会  


潮待ちイメージ模型 潮待ちからくり劇場
 
潮待ちからくり劇場(新登場)
 鞆の浦は古くから港町として栄えた。それは鞆の浦が瀬戸内海の中央部に位置し、「潮待ち」に最も適していたからである。北前船など動力のまだなかった海運時代、すでに潮の流れと風によって船は動いた。ことに瀬戸内の鞆の場合干満の差が約4mもあり、潮待ちは必ずといってよいほど必要であった。
 鞆の津(浦)の隆盛は「潮待ち」が一番大きな要因であった。今回それを子どもでも分かりやすく理解してもらうため、日本財団や(社)中国海事広報協会の支援を得て、この潮待ちイメージ模型を製作した。
 
 
福井県河野村の北前船主の館
右近家
明治時代の建造
 
(1)古文書(河野)
河野村教育委員会蔵
明治21年7月23日。右近家文書。
 備後の特産品畳表を鞆の商人から買った記録。[解読]
 
(2)古文書(河野)
河野村教育委員会蔵[解読]
右近家文書
 
(3)古文書(河野)
河野村教育委員会蔵[解読]
明治21年(1888)右近家文書
 
熊木屋 客船書(出雲崎)
出雲崎町教育委員会(新潟県)寄託品
文化11年(1814)
 出雲崎の廻船問屋熊木屋の客船(顧客)が入港した時に書き留めたもので積荷の種類とその数量なども記され興味深い。備後の特産品の松永塩千俵以上もが売られている。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
297位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
36,900

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「阿部正弘と日米和親条約」展 図録
2.企画展「平戸藩主 松浦家と海展」チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から