日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1999/07/13 産経新聞朝刊
日本財団 100以上の学校をカンボジアに建設 旧ポト派地区中心に
 
 【プノンペン12日=宇都宮尚志】カンボジアを訪問中の笹川陽平・日本財団理事長は十二日、サル・ケン副首相兼内相とプノンペン市内で会談し、カンボジアの教育向上に役立てるため学校建設を進めていく考えを明らかにした。
 計画では、教育が荒廃している反政府勢力、旧ポル・ポト派の元支配地区を中心に実施し、軌道に乗れば百校以上を建設する予定だ。日本が旧ポル・ポト派の元支配地区に学校建設を行うのは初めてで、日本財団としては教育整備を通じて、人材育成を図るとともに、国内の安定化にもつなげていきたい考えだ。
 カンボジアは昨年七月の総選挙を経て同年十一月、新政権が発足、新たな国造りに乗り出した。しかし、これまでの混乱で、社会基盤の整備が遅れ、教育分野では、学校不足が深刻な問題となっている。
 同国の社会資本を向上させるため、一九九四年に日本政府や世界銀行が中心となって「カンボジア社会基金」が設立されたが、千四百校以上の学校建設の要請が寄せられ、資金が不足。日本財団が支援に乗り出すことになった。
 新設される学校は三−五教室を備え、一校当たりの建設費は、教員の給与や教材も含めて約二万四千ドル。十校程度を旧ポル・ポト派が支配していた西部パイリンに設置し、三−四年かけて成果をみながら、対象地域を拡大していく。資金は世界銀行と折半する。
 旧ポル・ポト派は昨年末に最後の最高幹部らが投降し消滅したとはいえ、パイリンには政府に帰順した元兵士ら約二万人が集結して自治区を形成している。
 サル・ケン副首相は「戦火が続いたカンボジアでは国民が政府を信じる体制づくりが求められている。学校建設はその重要な役割を果たす」と期待を表明。笹川理事長は「学校は国民のコミュニケーションを推進する。危険要素をはらんでいるパイリンに建設することは、国内の安定化に寄与する」と語った。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
162,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から