日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1998/09/21 産経新聞朝刊
皮膚病、途上国を襲う 熱帯中心24カ国“感染” 日本財団支援
 
 ブルーリ・アルサーと呼ばれる悲惨な細菌感染の皮膚病が、熱帯を中心に二十四カ国に広がり、さらにまん延する気配を見せている。皮膚組織が破壊され、衰弱から死亡するケースもあるが、本格的な研究はされておらず、ワクチンも未開発だ。世界保健機関(WHO)が研究チームを発足させる中、日本財団(東京、曽野綾子会長)がWHOへ五十万ドルの支援金の拠出を決めるなど、日本でも支援の機運が高まり始めた。
 WHOへの報告では、ブルーリ・アルサーはここ数年、熱帯諸国で急増。アフリカのコートジボワール(象牙海岸)やカメルーン、中南米のメキシコやペルー、アジアのインド、インドネシア、それにオーストラリアなど二十四カ国にのぼる。
 コートジボワールでは、この三年間で五千人以上が感染。同じ西アフリカのベニンでも、この十年間で二千三百人が感染した。世界的な調査はなく患者数は不明だが、結核、ハンセン病に次いで三番目に多い細菌感染症とみられている。
 流れの緩やかな河川やよどんだ水辺で多発。専門家はこうした地域に細菌が生息、傷口などから感染。空気、土壌などを伝って広がっているとみている。
 患部を切除して皮膚移植すれば一応、治癒するが、発展途上国では医療施設が不十分で、消毒などの初期治療さえできない。このため入院が二、三年に長びいたり手足の切断や後遺症の出る患者も急増。農村では働き手が奪われて経済にも影響が出るなど社会問題に。患者の半数以上を子供がしめている点も深刻だ。
 WHOは昨年末、研究班をつくり感染経路の究明やワクチンの研究、手術のできる医療施設の充実など撲滅プランを進めている。
 また、アフリカで医療支援や農業改革を続けている日本財団は今夏、感染現場を視察。WHOへの五十万ドルの拠出を決めた。
 (社会面に関連連載「光と瞳と赤土と」)
■ブルーリ・アルサー
 ブルーリは、患者の大量発生が最初に報告されたウガンダ(中央アフリカ)の地名。アルサーは潰瘍(かいよう)の意味。感染すると皮下に結節ができる。痛みはないが、かゆみが出ておできになり筋肉組織まで破壊、全身に広がる。失明や衰弱死も報告されている。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
56位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
163,367

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から