日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1997/01/29 読売新聞夕刊
[栄光を追って]公営ギャンブル初の年間賞金2億達成 競艇の植木通彦さん28
 
◆競艇はスポーツだ
 暮れの賞金王決定戦(一着八千万円)で優勝、昨年の獲得賞金が二億千五百一万五千円となり、競馬、競輪など公営ギャンブルスポーツを通じて、初の二億円を達成した。
 だが、競艇のスポーツとしての認知度は、競馬、競輪に比べてずっと低い。それが植木にはたまらなく悔しい。「自分たちのやっていることは、スポーツそのもの。鍛錬も並大抵ではない。それをもっと広い層にアピールし、もっと多くの人に愛されるスポーツにしたい」
 そのため、今年は自分にテーマを課した。「(舟券に絡む)一、二着を狙うだけのレースはしない。それでは、ギャンブルだけになる。内容の深さを追求したい」
◆感動呼ぶレース目指して 内容の深さ追求する 3着でもかまわない
 実際、競艇には、たくさんの見どころが詰まっている。
 良いスタート位置を目指して、ピット(ボート着き場)からの猛烈な先陣争い。その後、ボートをほとんど止めての駆け引き。スタート後は、植木の代名詞ともなっている、腰を浮かせて超高速でブイを回る「モンキーターン」などの“必殺技”――。
 二分足らずの短い間に繰り広げられる静と動の流れの中で、一瞬の勝機を捕らえなければ、一流にはなれない。
 さらに、エンジン、プロペラの調整を選手自身で行う競技だけに、メカの理解度も勝敗に大きく影響する。
◆くやしい低い認知度 
 植木の顔には、痛々しい傷痕が今も残る。デビュー間もない一九八八年、転覆して後続艇のプロペラに顔を引き裂かれて負った七十五針の傷だ。その恐怖を振り払うように三か月で復帰し、闘志で頂点まで駆け上がった。
 五十歳代の選手も第一線で頑張る競艇界。十年選手の植木は、まだまだ若手だが、今年は、賞金王決定戦三連覇がかかる。
 「若い選手は、全員が競艇のイメージアップを考えている。そのためには、三着でもいいから、人を感動させるレースをしたい。そのうえで、(賞金六位以内に入って決定戦に)五年連続出場出来るように頑張りたい」
 トップに君臨する“若手代表”としての強い決意がうかがえた。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(28,995成果物中)

成果物アクセス数
162,863

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月12日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から