日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【天皇制について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1993/01/11 産経新聞朝刊
【斜断機】皇室の選択
 
 A男「皇太子妃に小和田雅子さんが内定し、新年早々大変な騒ぎだね」
 B子「本当ね。去年の秋以降は、宮沢りえ、貴花田の婚約で凄い騒ぎだったけれど、破局説がはやくもでてあれれ−と思う暇もなく、皇太子妃内定の報道でしょ。すっかりかすんじゃったという感じね。やっぱり天皇制は健在だったということかな」
 A男「ただ、男の僕としてはちょっとしたカルチャーショックだったぜ、なにしろみごとな経歴だろ。圧倒されて何もいえないって感じだよ。しかも美人で家柄もすごい。スーパーキャリアウーマンかつ正真正銘のお嬢さま、まさに新種のタイプ。女は結婚して家事、育児をするのが一番といった男の願望は粉砕されちまったな」
 B子「皇室が内助の功を自明とする母性的な女性ではなく、アメリカ的キャリアウーマン像を選択したというのも、やはり国際化時代の必然でしょうね。ファーストレディーというかクイーンのイメージよね。女性の時代と騒がれたけれど、不景気の今、女子の労働力など所詮景気調節弁で切り捨てられているのが現実。未来を見出せない女性たちに希望を与えるのは確かだと思うわ。美智子妃が性別役割分業を土台としたニューファミリーのモデルとなったのに対し、小和田さんは、自立志向の強い女性たちが望む新たな家族像のモデルとなるんじゃないかな。男社会に根をおろした芸者文化(ホステス文化)から夫婦で行動するパートナー文化が日本にも浸透していくと思うわ」
 A男「天皇制は新時代のニーズに答える形でみごとに生き延びたというわけだ」
 B子「というより閉じた天皇制から英国王室のような開かれたものに変容するということよ。その鍵をにぎるのは女性の生き方の変化にあるんじゃないかしら。でも旧勢力の抵抗も考えられるから小和田さんバッシングも起きるかも。美智子妃がフォローするだろうけどね」
 A男「皇室のウーマンパワーに期待ってとこだね」
(哲)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
32位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
233,264

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から