日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【天皇制について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2000/06/06 読売新聞朝刊
[政界ウオッチング]象徴天皇と国の在り方
編集委員・水野雅之
◆総選挙の隠れた争点
 森首相の発言がまた物議を醸している。「国体」発言がそれだ。「神の国」発言に続く失言と、野党はかみついている。用語の問題はともかく、発言の真意を探ればおろそかにできない面も秘めている。
 「国体」は一般的には「国家の状態」をいい、広辞苑によれば「主権または統治権の所在により区別した国家体制」をさす。歴史的には、戦前、万世一系の天皇が統治権を一手に掌握した国家体制を意味し、主権在民が基本となった戦後になって否定された経緯がある。首相が、こうした歴史を承知しつつあえて口にしたとしたら、その軽率さには首をかしげざるを得ない。
 ただ、首相の本意は何も戦前の天皇を中心とした体制に戻そうということでもないだろう。むしろ言いたかったのは、民主党が与党の自公保三党に代わる政権を目指すなら、共産党と組めるのかという、その点にあったはずだ。
 そもそも共産党は、党の原則を定めた綱領で、自衛隊、日米安保体制、天皇制を否定している。いまは現実・柔軟路線を進めているが、どうも護憲の立場と綱領との関係がいまひとつわからない。
 その最たる問題が天皇制といっていい。共産党の志位書記局長は四日のフジテレビ番組で、当面は存続させる方針を強調しつつ、こうも語った。
 「ただ国民の合意が成熟する時がくるだろう。(中略)あの日本の象徴を負わせる体制から、もう一つ先に進めば、国民の合意が成熟したら、そういうところ(天皇制廃止)にいきましょうと」
 おやおやである。発言通り解釈すれば、象徴天皇制を支持する国民は未熟ということになる。やはり本音は天皇制廃止ということか。うがってみれば政権を取るためには、本音を隠そうというのが戦略かとすら疑いたくもなる。
 象徴天皇制が国民に定着しているのは明らかだ。昨年十一月実施の読売新聞の世論調査でも裏付けられている。「憲法は、天皇を日本国の象徴、日本国民の統合の象徴としています。こうした天皇制度は、あった方がよいと思いますか、なくなった方がよいと思いますか」との問いに、
 ▽あった方がよい 78%
 ▽なくなった方がよい 11・9%
 支持派は、前回の九四年調査から1ポイント減少しただけで、「なくなった方がよい」は前回と同じだった。支持派は年代が下がるにつれ支持の度合いも弱くなっているものの、最も弱い二十歳代でも「あった方がよい」が64%。総じて象徴天皇制への国民の支持は定着している。
 民主党が共産党と手を組まないとする理由も、共産党の考えへの不安をぬぐい切れないからだ。仮に民主党が自公保三党に代わる受け皿とならざるを得なくなったような場合、共産党との関係に悩ましい面は残りそうだが、現時点では政権共闘は避けたいというのが本音だろう。
 一方、森発言は図らずも天皇制に光を当て、自民党を中心とした「保守」、そして日本のありようを改めて問い直す契機にもなった。グローバリズムの時代といわれる二十一世紀は同時に、国家のアイデンティティーも問われる。「神の国」発言への批判に自民党の亀井政調会長が「受けて立つ」といえば、加藤紘一・元幹事長もこう強調する。
 「(神の国発言が)総選挙で論じられるのもいい。天皇家がなぜ千年を超えているのか、神道とは宗教なのか、日本人の文化なのか。日本人のアイデンティティーとは何か」
(五月二十八日、静岡県島田市での講演)
 「山川草木のすべてに神が宿るという日本古来の信仰心」(加藤氏)は、「保守」の核心でもある。天皇制、国家体制はどうあるべきか、それが今回の総選挙の、実は隠れた争点であるような気がしてならない。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
32位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
231,117

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から