日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > スポーツ.体育 > 成果物情報

600年の伝統 那覇ハーリー

 事業名 爬龍船の建造
 団体名 琉球水難救済会 注目度注目度2


かけがえのない文化遺産
 
那覇市議会議長
我那覇 生隆
 
 
 毎年恒例となりました、さわやかな夏の始まりを告げる「那覇ハーリー」がこの度、復活三十周年の節目を迎えますことを三十一万市民と共に心よりお喜び申し上げ、那覇市議会を代表し、一言お祝いのごあいさつを申し上げます。
 さて、六百年の歴史を誇る伝統的行事「那覇ハーリー」は、昭和四十九年に社団法人那覇爬龍船振興会が設立され、会長をはじめ、多くの関係者各位のご尽力によりまして、昭和五十年に復活を遂げ、今年で三十回という大きな節目を迎えることとなり、誠に喜びに堪えないものでございます。
 那覇の大海原で熱い闘いが繰り広げられる「那覇ハーリー」は、本県を代表する海の一大イベントとして、今やゴールデンウィーク最大の呼び物であり、市民・県民はもとより、観光客の皆様にも広く親しまれております。年々回を重ねるごとに規模・内容共に充実し、大盛況を博しており、本市・本県の観光振興、そして、地域の活性化に大きく貢献しております。
 これもひとえに、那覇爬龍船振興会をはじめ、那覇ハーリー実行委員会の皆様や関係者各位のこれまでの並々ならぬご尽力の賜と存じます。心より敬意を表し、深く感謝申し上げますとともに、輝かしい伝統を誇り、市民・県民から広く親しまれている、この「那覇ハーリー」が今後より一層の発展を遂げますよう、さらなるご尽力をお願いする次第でございます。
 私ども那覇市議会といたしましても、先人たちが築き上げた、輝かしい歴史を誇る伝統的行事をかけがえのない文化遺産として後世へ引き継ぐべく、今後とも支援を惜しまない所存でございます。
平成十六年五月吉日
 
 
社団法人那覇市観光協会
松本 行雄
 
 
 那覇爬竜船振興会のご尽力により昭和四十九年に復活した「那覇ハーリー」が、今年で三十周年の記念すべき節目を迎えるにあたり心からお祝い申し上げます。
 沖縄におけるハーリー行事は、航海の安全と豊漁を祈願する海人祭として今なお県内各地で催されていますが、その中でも特に「那覇ハーリー」は、琉球王朝時代は国家行事として催された由緒ある、県下最大の規模と内容を誇るイベントとなっております。那覇市の観光振興にも大きく寄与しておりますことは、皆様もご承知のとおりであり、大変喜ばしい限りであります。
 当協会といたしましても、私たち先人が残してこられた、伝統行事「那覇ハーリー」を貴重な観光資源として、最大限に活用することを通して、県内は勿論のこと県外からの観光客の誘致を図り、なお一層観光振興に努める所存であります。
 終わりに、吉浜照訓会長をはじめ那覇爬龍船振興会の皆様のご苦労に対し深く敬意を表すとともに「那覇ハーリー」ますます発展することを祈念申し上げます。
平成十六年五月吉日
 
 
沖縄テレビ放送株式会社 代表取締役社長
當間 文貴
 
 
 第三十回 那覇ハーリーを迎えるにあたり、一言ご挨拶申し上げます。
 五月の空に鯉のぼりが舞うゴールデンウィークの季節、那覇の三大祭のひとつ「那覇ハーリー」が、今年も盛大に開催されます。
 那覇ハーリーは、吉濱照訓先生の熱い情熱とご尽力により、昭和四十九年に復活して以来、今年で三十年目の節目を迎える事になりました。周囲が海に囲まれた沖縄ならではの勇壮な伝統行事として、全国的に知れ渡り、毎年一般市民も参加できる海洋イベントとして発展して、昨年は三日間で二十五万人の見物客で賑わいました。
 昨年からは、これまでの中学生バーリー、爬龍船の一般競漕に加え、観光客も初めて爬龍船の一般乗船体験を実施し大変喜ばれました。今年も昨年以上の観光客の乗船が見込まれています。
 那覇ハーリーは、泊、久米、那覇対抗の本バーリーで熱戦を繰り広げ、三日間のハーリーは最大のクライマックスを迎えます。
 一方、陸上でも夜店が所狭しと立ち並び、舞台では毎年著名なアーティストがライブで祭りを盛り上げ、海上では豪華な花火で夜空を彩り夏の到来を告げます。
 特に今年の八月には、三百年前の琉球王朝時代、中国に献上した進貢献上品が那覇に里帰りする特別展示会が企画され、過去の中国との永年の歴史のベールが脱がれようとしています。
 那覇ハーリーが、これからも沖縄のアイデンティティーを認識するイベントとして、発展継承して欲しいと思います。
 今年も多数の市民、県民、観光客の皆さんが那覇ハーリー会場にお越し頂きます様祈念し挨拶と致します。
平成十六年五月吉日







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,656位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
5,193

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.青少年による爬龍船初漕ぎ競争大会
2.第30回那覇ハーリー競技大会
3.アクアエアロビック指導員(II種)養成講座講習会チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から