日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 地球科学.地学.地質学 > 成果物情報

循環資源・リサイクル製品の海上輸送の促進に関する調査  報告書

 事業名 循環資源・リサイクル製品の海上輸送の促進に関する調査
 団体名 九州運輸振興センター  


第7章 海上輸送により期待される効果の検討
 ここでは、循環資源の輸送をトラック輸送から海上輸送へシフトすることにより期待される効果を検討した。
 
7.1 新たに北九州港を利用して海上輸送される循環資源
 アンケート調査、ヒアリング調査により、関東、九州離島から、北九州港まで海上輸送される可能性があると考えられる循環資源貨物量は、年間約6.2万トンである(表−7.1参照)。
 北九州市港湾局が作成した「北九州港港湾計画資料」(平成15年5月)によると、北九州リサイクルポートでは、平成22年に17.2万トンを取り扱うことが目標とされている(参考2.参照)。
 そこで、効果の試算にあたり、平成22年に北九州リサイクルポートで取り扱われる循環資源、排出地等については、17.2万トンを、表−7.1の循環資源、排出地ごとの年間輸送量で按分し、設定した(表−7.2参照)。
 その上で、北九州リサイクルポートにおいて、17.2万トンの循環資源を取り扱うことにより、期待される効果を検討した。
 
表−7.1 新たに北九州港を利用して海上輸送される循環資源
地域 循環資源名 排出地 年間輸送量
(トン/年)
輸送船舶 荷姿 1船あたり
輸送量
(トン/船)
年間
輸送回数
関東 建設混合廃棄物 東京都 500 199GT貨物船 ばら貨物 250 2
建設混合廃棄物 神奈川県 1,200 199GT貨物船 ばら貨物 400 3
建設混合廃棄物 神奈川県 780 199GT貨物船 ばら貨物 390 2
建設混合廃棄物 関東 35,000 499GT貨物船 ばら貨物 1,000 35
廃プラスチック 埼玉県 1,000 199GT貨物船 ばら貨物(ベール状)
・フレコンバッグ
500 2
廃プラスチック 東京都 500 199GT貨物船 ばら貨物(ベール状)
・フレコンバッグ
500 1
廃プラスチック 神奈川県 400 199GT貨物船 ばら貨物(ベール状)
・フレコンバッグ
400 1
廃プラスチック 神奈川県 10,000 199GT貨物船 ばら貨物(ベール状)
・フレコンバッグ
500 20
廃水 千葉県 1,700 199GT貨物船 ドラム缶 850 2
廃油 千葉県 1,500 199GT貨物船 ドラム缶 750 2
廃木材 埼玉県 1,000 199GT貨物船 ばら貨物 500 2
廃木材 神奈川県 150 199GT貨物船 ばら貨物 150 1
ペットボトル 神奈川県 100 フェリー トレーラー
(ベール状)
10 10
九州
離島
使用済蛍光管 長崎県対馬 15 199GT貨物船 使用済蛍光管専用
コンテナ
混載 10
建設混合廃棄物 長崎県対馬 1,000 199GT貨物船 容器
使用済自動車 長崎県対馬 1,500 199GT貨物船 容器
廃木材 長崎県対馬 500 199GT貨物船 容器
古紙 鹿児島県
奄美大島
3,600 499GT貨物船 ばら貨物
(ベール状)
700 5
使用済自動車 沖縄県
石垣島
1,200 499GT貨物船 ばら貨物 400 3
合計 - - 61,645 - - - 101
資料:アンケート、ヒアリング結果より作成。
 
表−7.2 平成22年における北九州リサイクルポートの循環資源取扱量
地域 循環資源名 排出地 年間輸送量
(トン/年)
輸送船舶 荷姿 1船あたり
輸送量
(トン/船)
年間
輸送回数
関東 建設混合廃棄物 東京都 1,400 499GT貨物船 ばら貨物 250 6
建設混合廃棄物 神奈川県 3,300 499GT貨物船 ばら貨物 400 8
建設混合廃棄物 神奈川県 2,200 499GT貨物船 ばら貨物 390 6
建設混合廃棄物 関東 97,700 499GT貨物船 ばら貨物 1,000 98
廃プラスチック 埼玉県 2,800 499GT貨物船 ばら貨物(ベール状)
・フレコンバッグ
500 6
廃プラスチック 東京都 1,400 499GT貨物船 ばら貨物(ベール状)
・フレコンバッグ
500 3
廃プラスチック 神奈川県 1,100 499GT貨物船 ばら貨物(ベール状)
・フレコンバッグ
400 3
廃プラスチック 神奈川県 27,900 499GT貨物船 ばら貨物(ベール状)
・フレコンバッグ
500 56
廃水 千葉県 4,700 499GT貨物船 ドラム缶 850 6
廃木材 埼玉県 2,800 499GT貨物船 ばら貨物 500 6
廃木材 神奈川県 400 499GT貨物船 ばら貨物 150 3
廃油 千葉県 4,200 499GT貨物船 ドラム缶 750 6
ペットボトル 神奈川県 300 フェリー トレーラー
(ベール状)
10 30
九州
離島
使用済蛍光管 長崎県対馬 40 199GT貨物船 使用済蛍光管専用
コンテナ
混載 20
建設混合廃棄物 長崎県対馬 2,800 199GT貨物船 容器
使用済自動車 長崎県対馬 4,200 199GT貨物船 容器
廃木材 長崎県対馬 1,400 199GT貨物船 容器
古紙 鹿児島県
奄美大島
10,000 499GT貨物船 ばら貨物
(ベール状)
700 14
使用済自動車 沖縄県
石垣島
3,300 499GT貨物船 ばら貨物 400 8
合計 - - 171,940 - - - 279
注:平成22年に北九州リサイクルポートで取り扱われる循環資源、排出地等については、北九州市港湾局が作成した「北九州港港湾計画資料」(平成15年5月)に記載されている、平成22年の循環資源取扱量17.2万トンを、表−7.1の循環資源、排出地ごとの年間輸送量で按分し、設定した。
 
7.2 海事産業の振興
 ここでは、平成22年における北九州リサイクルポートの循環資源取扱量(表−7.2)を前提に海事産業の振興効果を検討した。
 
(1)海上輸送貨物の増加
 平成22年に、関東、九州離島から北九州港まで17.2万トンの循環資源が海上輸送された場合、約10億円〜約17億円の輸送コストが収集運搬業者(船社)に支払われることが予測される。
 
表−7.3 年間輸送コスト
地域 船種・船型 1回あたり
輸送コスト
(万円/回)
年間輸送回数
(回/年)
年間輸送コスト
(万円)
関東 499GT貨物船 460〜770 207 95,220〜159,390
フェリー 15 〜 18 30 450 〜540
九州離島 499GT貨物船 280〜300 22 6,160 〜6,600
199GT貨物船 70 〜 80 20 1,400 〜1,600
合計 - - - 103,230〜168,130
注:1回あたり輸送コストは、問い合わせ、ヒアリング等より設定。
 
(2)港湾運送事業の振興効果
 北九州港において、平成22年に17.2万トンの貨物量が取り扱われた場合、港湾運送事業における新規常用雇用は、4〜5人程度が見込まれる。
 なお、循環資源の船舶、フェリー、トラック輸送を行う企業、リサイクルを行う企業においても、ある程度の雇用増加が期待される。
 
新たな雇用が必要な港湾労働者数
=新規年間取扱貨物量/港湾荷役労働者1人あたり年間荷役量
=172,000(トン/年)/40,392(トン/人・年)
≒4.3人
 
港湾荷役労働者1人あたり年間荷役量
=港湾荷役労働者1人1日あたり荷役量×年間労働日数
=40,392(トン/年)
 
原単位
・港湾荷役労働者1人1日あたり荷役量=153.0トン
・年間労働日数=12(月)×月間労働日数
・月間労働日数=22日
資料:日本港運協会「平成13年版 港運要覧」(平成14年9月)
 
7.3 港湾施設の利用促進
 ここでは、平成22年における北九州リサイクルポートの循環資源取扱量(表−7.2)を前提に港湾施設の利用促進効果を検討した。
 
(1)年間船舶着岸日数:249日
 北九州港響灘東地区の岸壁において、平成22年に表−7.2に示した循環資源を取り扱かわれた場合、循環資源を輸送している船舶の年間の着岸日数は249日と推計される。1年の約3分の2の日数に循環資源輸送船舶が着岸していることになる。
 
・循環資源を輸送している船舶が、北九州港響灘東地区の岸壁を利用し、1日に1隻着岸すると設定した。
・フェリーは新門司フェリーターミナルを利用しているため、フェリーによる輸送回数(30回/年)は除く。
 
(2)年間岸壁占有時間:1,470時間
 北九州港響灘東地区の岸壁において、平成22年に表−7.2に示した循環資源を取り扱われた場合、年間の岸壁占有時間は1,470時間と推計される。年間の岸壁利用可能時間を2,912(時間/年)とすると、岸壁占有率は約50%となる。
 
・循環資源を輸送している船舶が、北九州港響灘東地区の岸壁を利用し、1回の輸送において荷役時間を平均6時間と設定すると設定した。
 
年間の岸壁利用可能時間
=364(日/年)×8(時間)
=2,912(時間/年)
注:年間の岸壁利用日数は、平成13年11月「元日を除く364日24時間荷役作業の実施についての労使合意」に基づき、364(日/年)とした。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
807位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
13,932

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.水科学総合知見情報プラットフォームの研究開発 ワークショップ報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から