日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/11/01 産経新聞朝刊
カンボジアPKO ある三佐の手記から・滞在1カ月、充実の日々
 
 慣れない異国の地で、国道の改修工事に取り掛かった国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)日本施設大隊。工事用資材調達に不安を残し、疲れた心身を休める宿営地の設営も遅れるなど万全とはいえない環境の中で、作業を進めている。次に抜粋するのは、先遣隊の一員として九月下旬に現地入りした三佐(三六)が、滞在一カ月間の心境をつづった手記だ。他国の隊員や住民たちと触れ合いながら活動を続ける自衛隊員の息づかいを感じてもらえたら、と思う。
(プノンペン 渡辺浩生)
 十月二十三日。パリ和平協定一周年で、午前八時からUNTAC参加国による軍事パレードがあった。十五分前に目覚め、あわてて身支度を整え会場に向かう途中、小牧基地を飛び立ってちょうど一カ月か、と思う。長いようで短かった。あと、六カ月くらいか。すぐたってしまうのだろうなあ。
 会場に着くと、すでに集まっていた各国の兵士たちが、黄色を基調とした王宮をバックに、肩を組んで写真におさまっていた。どこの国も国旗手は人気者だ。人種も、言葉も、服装も異なる隊員同士が一つの目的「ピース・イン・カンボジア」のために集い、語り、肩を組み合う。だれもがフレンド、フレンド。こんな光景は史上初だろうなあ、と思い胸が熱くなる。
 UNTAC本部内を歩いていると、中国の大尉がどうしても日の丸の肩章がほしい、と手持ちの中国土産を両手いっぱいに広げてきた。
 われら初めての外地に日々を送る。道ゆけば子供たちが駆け寄り、また茶色の水路で遊ぶ水の中から目いっぱい手を振る。市場に行けば、日の丸を見て、「ヤー、ジャポン、ジャポン」と満面の笑みを浮かべ、時には好奇のまなざしで人だかりとなる。
 南国、カンボジア。土地風景はひと昔前の日本の農村を思わせる。冬もなくのんびりと暮らす彼らが望むものはひとつ。戦乱なき平和だ。
 われらが第一次カンボジア派遣施設大隊。この良き国の礎(いしずえ)の一助とならん。そして、一助となれる喜びを日々かみしめて、この熱き国にて汗を流そう。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(28,631成果物中)

成果物アクセス数
431,069

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から