日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2000/12/15 毎日新聞夕刊
[解説]次期防 「自衛隊の役割」示せず
 
 次の中期防衛力整備計画(次期防)について、防衛庁は(1)武装ゲリラ、核・生物・化学兵器の対処能力の向上(2)災害派遣能力の充実強化――などを盛り込み、「多様化する自衛隊の役割」を先取りした計画となることを期待していた。しかし、政府・与党の次期防論議では空中給油機の導入の是非だけが焦点化し、自衛隊の将来像を確定するまでにはいたらなかった。
 次期防説明のため、国会もうでを続けた防衛庁職員が「先生方からほとんど質問もなく、安全保障への無関心さを感じた」と振り返る一方で、空中給油機の導入をめぐる与党内の綱引きが過熱したのはここ数日間のことだった。決着は来年度予算への計上は見送るものの、計画期間中に4機を導入する分かりにくいものになった。
 政府・与党幹部の発言に振り回された給油機導入のドタバタ劇は、下から積み上げる議論を欠いた今回の策定作業を象徴するものだ。護衛艦建造など高額な正面装備を一部見直し、国会で改めて本格的な論議を求める――ある防衛庁幹部が描いた「ウルトラC」とは、次期防策定の1年延長論だった。
 自衛隊は「働く時代を迎えた」と言われる。国民生活に密接に絡みながら、国民から遠い安全保障政策は、開かれた議論により、自衛隊の役割を具体的に示すことが不可欠だ。防衛庁は空中給油機の導入を実現した。その代わり、次期防に政策論議はなく、同庁は自衛隊の理解を深める5年ぶりの機会を逃したことになる。
【中村篤志】
◇次期防の主要装備◇
<陸上自衛隊> 次期中期防 現中期防
戦車 91両 90両
火砲(迫撃砲を除く) 47両 40両
多連装ロケットシステム 18両 45両
装甲車 129両 157両
戦闘ヘリコプター 10機 3機
輸送ヘリコプター(CH47JA) 7機 9機
地対空誘導弾(ホーク)改善 0.25個群 1.75個群
新中距離地対空誘導弾 1.25個群
<海上自衛隊>
護衛艦 5隻 7隻
潜水艦 5隻 5隻
その他 15隻 18隻
自衛艦建造計 25隻 30隻
8.6万トン 9.4万トン
哨戒ヘリコプター(SH60J、同改) 39機 37機
新掃海・輸送ヘリコプター 2機
<航空自衛隊>
要撃戦闘機(F15)近代化改修 12機
支援戦闘機(F2) 47機 45機
輸送ヘリコプター(CH47J) 12機 4機
空中給油機 4機
(注)現中期防の整備規模は修正後の数字
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
431,167

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から