日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2000/12/15 毎日新聞夕刊
次期防、総額25兆1600億円 年平均の伸び0.7%−−予備自衛官、民間からも
 
 政府は15日午前、首相官邸で開いた安全保障会議(議長・森喜朗首相)と閣議で、2001年度から5年間の中期防衛力整備計画(次期防)を決定した。総額は現行の中期防より9300億円多い25兆1600億円。厳しい財政状況を踏まえ、年平均の実質伸び率は1986年度に中期防が導入されて以来最低の0・7%にとどまる抑制型となった。正面装備では初めて空中給油機4機分、計900億円を計上し、来年度中に機種を選定する。また有事の際に招集される予備自衛官制度については、対象を退職自衛官に限らず、社会人や学生など民間から公募する方針を打ち出している。(2面に関連記事)
 政府の5カ年計画である次期防は、自衛隊の装備品や部隊改編など、主な事業内容や所要経費を示す。総額の内訳は、戦後のベビーブーム世代が定年を迎えるため、人件、糧食費が11兆1100億円(現中期防10兆3900億円)と増え、物件費は13兆9000億円(同13兆8400億円)。このほか、大規模災害など特別な場合、安保会議の承認を得て支出できる予備的経費として、1500億円を計上した。
 基本方針の柱はIT(情報技術)革命への対応のほか、(1)武装ゲリラ、核・生物・化学兵器の対処能力の向上(2)災害派遣能力の充実強化、など。自衛隊内で高度なネットワークの整備を図る一方、災害派遣などで活躍する国内の非政府組織(NGO)との交流推進をうたった。
 航空機や艦船などの正面装備費は4兆円で現中期防と同水準。海上自衛隊では1万3500トン級のヘリコプター搭載護衛艦2隻(1900億円)や新型イージス艦2隻(2800億円)、航空自衛隊ではF15要撃戦闘機12機の近代化(350億円)などが盛り込まれた。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
433,681

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から