日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1997/06/18 毎日新聞朝刊
[徹底解説ガイドライン]/5 補給・輸送 「武器・弾薬」巡り論議必至
 
 昨年6月14日の衆院安保委員会。
 西村真悟氏(新進)「朝鮮半島有事の際、我が国内において米軍の弾薬、兵員を輸送できるのか」
 秋山昌広防衛庁防衛局長「その行為が武力行使と一体化とみなされるかどうかの点を十分検討のうえ、今後、判断してまいりたい」
 「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」見直しでは、日本周辺有事の協力検討項目として米軍向けの補給・輸送が焦点の一つになっている。物資に武器・弾薬が含まれれば、活動内容などによっては「米軍との武力行使の一体化」を禁じる憲法に抵触する恐れがあるからだ。
 中間報告は、補給については武器・弾薬を除外することを明記したが、輸送では「物資の中に武器・弾薬も含まれる」との見解を示している。補給とは日本の物資提供であり、輸送とは米軍物資を取り扱うこと。防衛庁は武器・弾薬を補給物資から除外した理由を「米軍のニーズがないから」と説明している。
 昨年4月に日米物品役務相互提供協定(ACSA)が締結された。米軍と自衛隊の物品の融通は、日米共同訓練と国連平和維持活動(PKO)、国際的な緊急援助活動に限っている。
 指針が想定する周辺有事の場合、戦闘行動中の米軍に物資補給することは集団的自衛権の行使に当たる可能性が出てくる。さらに公海上の補給・輸送の場合は、米軍と一体の活動とみなされ、攻撃対象となる恐れもある。
 政府関係者は指針見直しの後に「実効性の確保」から「有事版ACSA」が必要になるとしており、自民党安全保障調査会は既に検討に入っている。
 防衛庁筋は「米軍が具体的に自衛隊に求めているのはミサイルの輸送だ」とみる。自衛隊によるミサイル輸送が米軍と一体化した武力行為にあたるかどうか――。社民党内には「やはりグレーゾーンではないか」との疑問の声も出ており、国会で論議になるのは必至だ。=つづく
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
434,477

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から