日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/02/20 産経新聞朝刊
【主張】学校と塾 公教育の立て直しが急務
 
 四月から始まる学校完全週五日制の実施を前に、文部科学省は学習塾に自然体験や社会体験学習を行ってもらうよう協力を求めている。体験学習は大切だが、それを塾に求めるのは筋違いではないか。
 もともと、旧文部省は塾を敵視していた。平成元年から三年にかけての第十四期中央教育審議会では、私立中学とその進学塾が偏差値競争をあおる存在としてやり玉にあげられ、塾は子供の個性をつぶす“武器商人”と非難された。平成五年、文部省が業者テストを禁止したさいも、その問題が埼玉県で塾帰りの女子中学生が殺されたことをきっかけに表面化したことから、同省は塾を批判していた。
 文部省が塾を認知したのは、平成十一年六月に生涯学習審議会が学校と塾の共存を認める答申を出してからである。答申は「塾の指導によって子供たちが『学校の授業が分かるようになった』とか『勉強に興味・関心をもつようになった』などの評価を受けているものもある」と書いていた。
 要するに、学校で十分に教えられない分を塾で補ってほしい−というものだ。塾はあくまで、国語や数学、英語など主要教科の学習を補完する存在として認知されたのである。しかし体験学習はやはり、学校側が四月から新設される「総合学習の時間」などを活用して行うべきであろう。
 同省の調査によれば、塾に通う子供の割合は昨年、小学五年生で39%、中学二年生で50%と、以前より増えている。今の塾は、中教審などで批判された私立校受験のための進学塾だけでなく、補習塾や不登校児のためのフリースクールなどもかなりある。
 本来、学校が十分な指導を行っていれば、これほど塾が繁栄することはなかったはずだ。現実は、授業すら成り立たない学級崩壊が増え、塾への依存度はますます高まっている。日教組はかつて、学力テストや補習授業に猛反対した。これが今日の子供たちの学力低下を招いた面も否定できない。
 遠山敦子文部科学相は今年一月に発表した「学びのすすめ」と題するアピールで、学校に宿題や補習授業を求めた。こんなことは、言われなくても当然やるべき学校の先生の務めではなかったのか。塾に協力要請する前に、公教育の立て直しが急務である。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(29,236成果物中)

成果物アクセス数
496,408

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年11月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から