日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2000/10/18 産経新聞朝刊
【主張】札幌の教育 長年の病巣にメス入れよ
 
 卒業式や入学式での国旗・国歌実施率が全国最低レベルの札幌市で、国旗・国歌の指導を求める同市教育委員会の職務命令に同市教職員組合(札教組)が反発し、指導主事の学校訪問を拒否するなどの妨害行為を行っている。このような抵抗戦術は他の都府県では通用しない。子供不在の闘争は、そろそろやめたらどうか。
 北海道の学校現場は日教組のなかでも闘争色の強い北海道教職員組合(北教組)の影響を受け、正常化がかなり遅れている地域といわれる。とりわけ、札幌市は北教組の支部、札教組の組織率が六〇%を超え、日の丸・君が代への反対運動が激しい都市である。
 文部省の再三の指導もあって、札幌市教委が正常化に向けて本格的な取り組みを始めたのは、昨秋からだ。しかし、札教組側の抵抗が激しく、今春の卒業式や入学式で、国旗の実力撤去など混乱が相次いだため、来春に向け、職務命令を出したという。困難が予想されるなかで、あえて強い指導に踏み切った市教委の判断を支持する。
 札教組の上部団体である北教組は、国旗・国歌の指導義務を定めた学習指導要領について「法的拘束力はない」とし、実施のあり方は「教職員みんなで決めるものだ」としている。こうした考え方も、今は通らない。指導要領の法的拘束力は複数の最高裁判決で認められ、学校行事のやり方は校長が職員会議などの意見を参考にしながら決めるものとされている。
 広島県や三重県、東京都国立市など組合勢力の強い地域では、校長の指導が困難な学校も多く見られたが、文部省や教育委員会の指導により、徐々に正常化に向かっている。北教組や札教組も、かたくなな抵抗姿勢を改め、譲歩すべきところは譲歩し、歩み寄ってほしい。子供や保護者も、それを願っているものと思われる。
 二年前、長野五輪で金メダルをとった北海道出身の女子選手が表彰式で、帽子をかぶったまま君が代吹奏と日の丸掲揚に臨み、違和感を抱かせたことがあった。彼女のせいではない。ふだんの学校教育で、国旗・国歌に対するマナーを教えられていなかったのだろう。国旗・国歌のことを知らずに社会に出て、つらい思いをさせられるのは、北海道の子供たちなのだ。教組側もこのことに早く気づくべきだ。
 札幌の教育をめぐっては、国旗・国歌問題以外にも、行き過ぎた組合活動によるさまざまな問題が山積しているという。札幌市教委はこの際、長年の病巣にメスを入れてほしい。そして、市教委の指導が北海道全体の教育改革につながることを期待したい。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
493,444

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から