日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/04/10 読売新聞朝刊
[社説]教科書検定 文科省の場当たり主義が問題だ
 
 これで、教科書が本当に「主たる教材」としてふさわしいものになるのか、危惧(きぐ)を抱かざるを得ない。
 主に高校低学年を対象にした教科書の検定が終わった。新学習指導要領が来年度、一年生に実施されるのを控えての大改訂だ。
 文部科学省は、検定最中の昨年八月、突然、検定申請した原稿本の内容に、科目によっては、指導要領を超えるものに書き改めることを、認める方針を教科書会社に示した。
 教科内容を削減した新指導要領に沿って、昨年の小中学校の教科書検定では、記述内容に強い規制をかけたため、「学力低下を招く」との批判を受けたことによるものだ。
 重大な方針転換だった。しかし、指導要領を超える内容に書き改めた教科書会社は皆無だった。
 教科書編集の作業はその前年から行われており、書き換えが時間的に間に合わなかったことがある。同省の真意をつかみかね、踏み切ることができなかった社も少なくなかった。教科書会社を戸惑わせた、同省の場当たり的な方針転換は厳しく問われなければならない。
 教科書は依然として、生徒が学ぶ中心的な教材である。一斉授業のための共通教材としてだけでなく、生徒が自分で学ぶ学習材としての役割も期待される。内容にも十分な配慮が必要だ。
 「指導要領は最低基準」と同省が方針を改めたことで、記述内容の水準についての論議を呼び起こすことは当然、想定されなくてはならなかった。
 その結果として、不十分な教科書編集となれば、被害を受けるのは、生徒や教師だ。高校教科書は二、三年と順次、改訂されていくため、同じ生徒が一年では従来通りの編集による教科書で、二、三年では異なる編集方針の教科書で学ぶことにもなりかねない。
 同省は指導要領の範囲を超える記述の分量などについて、教科用図書検定調査審議会の討議にかけることもなく提示した。今年になって、検定方針見直しの検討を同審議会に委嘱したが、逆転行政の典型である。
 すべて、文科省の方針転換が遅れたことのツケが回った形だ。同省の重大な失政と言わざるを得ない。指導要領を最低基準としたこと自体、どれだけ定見があったのかとの疑念まで生んでしまう。
 教科書審議会には、教科書のありかたを一から論議し直し、生徒に発展的な学習を促す内容とする工夫を望みたい。それが、混迷する学力問題に確かな展望を切り開く道でもある。

 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
493,444

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から