日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1998/08/08 読売新聞朝刊
[社説]子どもの居場所のある学校を
 
 子供が減り続ける中で、不登校(登校拒否)の増加傾向には、一向に歯止めがかからない。文部省の学校基本調査によると、九七年度の小中学校の不登校が、初めて十万人の大台を超えた。
 特に中学校の場合、その数(約八万五千人)といい、全生徒に占める割合(1・89%)といい、高校中退に迫る勢いだ。
 この事態は重く受け止めなければならない。おおげさに言えば、義務教育にほころびが生じつつあることを意味する。
 不登校の態様やタイプは、昨今、きわめて多様になってきた。
 学校に行こうと思うのだが、当日になると行けない者、ひいては、そのまま閉じこもるタイプもいる。学校での小さなトラブルや、いじめがひきがねになる者もいる。増加傾向につれて「明るい不登校」と呼ばれるタイプも指摘されている。
 その要因も、家庭や学校のありよう、社会の風潮、本人自身の問題などが複雑に重なり合っていて、ひと言ではくくれない。従って「特効薬」は見いだし難い。
 それぞれの立場で、でき得ること、なすべきことを考え、小さな揺さぶりをかけることで解決につなげていきたい。
 不登校は、少子化傾向とも無関係ではない。家族の中の兄弟だけでなく、いとこもおじ・おばも少なくなっている。近所の遊び仲間も減ってきた。
 その上、生活体験や自然体験、社会体験も不足気味だから、本来、人間関係の中でもまれたりする中で身につく「生きる知恵と力」を弱めている感がする。
 不登校の子を対象にした野外キャンプなどで「自分たちのことは自分たちでやる」経験をした結果、学校に行き始める例が少なくない。一つのヒントだろう。
 今の学校システムに問題はないか。その視点の方がもっと重要だ。
 不登校のことを、教育界では「学校不適応現象」と呼ぶ。子供の側が学校に適応できないことを言う。だが、ひるがえって見ると、逆に学校の方が、多様化した子供の変化に適応できていない側面があることも否めないのではないか。
 「個性の重視」や「個に応じた指導」を口では言いつつ、横並びや集団への順応を優先させる傾向がまだ見られる。反面「主体性を尊重する」姿勢が、実は自分勝手を許すことにつながったりもする。バランスの取れた指導が必要だろう。
 今、戦後最大とも言える教育改革が進められようとしている。
 新しい教育課程の基準では、「生きる力と豊かな人間性・社会性」を軸に、選択を拡大し、教科の枠を超えた「総合的な学習の時間」が新設される。
 これらの実践を通じて新基準の言う「特色のある学校」の実現を目指したい。そしてさまざまなタイプの学校から、親や子供が選択する。そうすれば、不登校の子供たちの居場所作りにもつながるはずだ。
 通信制や単位制高校、民間のフリースペースなどに、不登校の子が意欲的に通っている事実には、学ぶべきものが多い。

 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
495,207

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から