日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1992/10/26 読売新聞朝刊
[社説]定着させたい「教育の自由化」
 
 今年は、戦後の教育のあり方や仕組みが新しい段階に入った年として記憶されることになるのではないか。このことは、文部省による四年度版教育白書の「教育改革の推進状況」からも見て取れる。
 この一、二年は、改革に向けた答申や提言のラッシュだった。これらを受けて今年は、学校五日制が月一回でスタートした。大学改革の着手元年でもある。高校の個性化・特色化や新たな教員配置計画も、間もなく動き始めようとしている。
 全体を貫くものは「自由化」だろう。五年前にその任期を終えた臨時教育審議会の「自由・自律・自己責任の原則」は、もはや避けられないものだとの自覚が、ようやく根づきつつあると言っていい。
 当時は、文部省はじめ教育関係者の多くが拒絶反応を見せていただけに、隔世の感がある。今後も、教育を受ける側の視点に立って、画一的で硬い教育を多様かつ柔軟なものにしていく努力を望みたい。
 教育の「自由化」には、二つの意味合いが込められている。規制を緩和して、地方教委や学校の裁量にゆだねる側面と、学ぶ側の個性を生かそうとする視点だ。選択の自由の拡大が、その重要な一環として位置づけられることは言うまでもない。
 学校段階によって、濃淡の差はあるものの、教育にある種の「市場原理」が導入されようとしていることにも注目したい。
 それが最も端的に現れたのが、大学政策だろう。設置基準をうんと緩めることで、カリキュラムの編成をはじめ、新しい試みを促している。従来の「行政指導型」から「自由競争型」への転換と言っていい。
 高校以下の学校でも、現場の裁量が広げられようとしている。新設される総合学科にしろ、入試の多様化・多元化にしろ、その方法などは、いずれも高校と都道府県教委の判断とやる気次第だ。
 来年度からの小中学校への教員配置計画でも、例えば「チーム・ティーチング」など新しい指導方法を導入する意欲をもち、実施条件を整えたところに、まず重点的に配置するという考え方だ。
 大きな格差が出ないよう配慮も加えられているが、やる気のある学校が「手を挙げる」仕組みには、義務教育にも、部分的ながら競争原理が働くと言い得る。
 児童・生徒に対する心配りとしては、中学の選択の拡大、高校の無学年・単位制などがある。それ以上に着目したいのは、登校拒否の子に対して、民間施設などでの「回り道」を認めたことだ。
 たとえ一時的にせよ義務教育に例外が認められたことの意味は小さくない。
 一連の動きは、道筋が示されたか、あるいは緒についたばかりだ。
 効率優先から、現場や子供の主体性に重きを置く教育は、時代の流れとして後戻りできるはずもない。自由につきもののリスクや自己責任、モラルなどを視野に入れながら、「個性的な学校で個性的な学習」のできる教育を模索してほしい。
 人の手当てや財政などの面で、文部省の支援が欠かせないことは言うまでもない。

 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
496,024

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から