日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2000/08/09 毎日新聞朝刊
[社説]教育改革国民会議 大胆だが未消化に過ぎる
 
 教育改革国民会議の三つの分科会がこのほど示した審議報告は、玉石混交の感は免れないが、奉仕活動の義務化やコミュニティー・スクールの実現など、なかなか思い切った大胆なアイデアが含まれている。
 ただ、経過報告の段階とはいえ、未消化に過ぎる。委員の間でさえ、合意に達していないものも少なくない。これから、まずは国民会議内部で十分に詰め、練り上げて、そして国民的議論にかけてほしい。
 報告は多岐にわたっているが、ここでは教育基本法の問題と、その他の提案に分けて考えたい。
 関心が高い教育基本法の見直しについて、分科会報告は「基本法改正が必要との意見が大勢を占めたと考えている」と集約した。
 しかしなぜ改正が必要か、どこをどう改正するかは、必ずしも明確ではない。共通理解に達したとは思えない。「基本法1条の規定は、個人や普遍的人類などが強調されすぎ、国家や郷土、伝統、文化、家庭、自然の尊重などが抜け落ちている」との意見がある一方、「1条の教育の理念は普遍的なものであり、否定すべきものではない。それよりも教育条件の整備が不十分であるために困難な問題が生じている」との認識を示す委員もいるのである。
 教育基本法を議論していく必要はある。だが「改正が教育をめぐる諸問題の解決に直ちに結び付くものではない」ことは報告自身が認めているとおりだ。理念を法律で規定すればそのとおりになるわけではない。課題が山積している中で、合意が難しいこの種のテーマにエネルギーを集中するのは、賢明とは思えない。「はじめに改正ありきではない」というなら、現場に足を運び、その実態を踏まえた議論が求められる。
 基本法問題以外で目を引くのが、小・中学校は2週間、高校は1カ月間、奉仕活動など社会に貢献する体験を毎年、すべての子供たちに義務づけようという「共同生活による奉仕活動などの義務化」である。
 基本的には理解できる。兵庫県では、中学2年生に1週間体験学習させる「トライやる・ウィーク」を実施、成果を上げている。米国ではボランティアを必修単位として課す高校も多い。実体験が乏しく、コミュニケーションが苦手な今の子供たちには意義のある時間になるだろう。学力低下を防ぐために授業時間を増やしてもっと勉強させろ、という主張よりは、的を射ているように思う。
 だが将来的にはすべての18歳に1年間の奉仕活動を、という提案は、国民に新たな義務を課すことになるだけに、問題が多すぎる。教育課程の中で時間を割くのとはレベルが違う。受け入れ態勢からみても難しいのではないか。委員の間にも疑問の声があったようだが、再考した方がいい。
 このほか報告は、地域独自のニーズに基づいて市町村が設置し、地域が運営に参画するコミュニティー・スクールや、高校の学習達成度試験の導入、保護者の選択による5歳児入学、大学入学の年齢制限の撤廃などを提言した。
 どれ一つとっても影響が大きいテーマであり、面白いものもあるが、具体像が見えてこない。思いつき的な発想から脱しきれていない面も見受けられる。腰を据えた、丁寧な議論を積み重ねてほしい。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(29,137成果物中)

成果物アクセス数
495,651

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月23日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から