日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1996/07/20 毎日新聞朝刊
[特集]学校はどう変わるか・中教審答申(その5止) 戦後の教育界の流れ<表>
 
◇戦後の子供を取り巻く教育界の流れ◇
 
1945 敗戦。文部省の指示で、戦時教材の削除や墨塗りが始まる。
連合国軍総司令部(GHQ)が修身などの授業を停止。
1946 日本国憲法公布。
1947 教育基本法、学校教育法施行。義務教育の6・3制スタート。
1950 朝鮮戦争始まる。
1951 日教組「教え子を再び戦場に送るな」のスローガン。
1956 経済白書が「もはや戦後ではない」。
1960 安保。「所得倍増計画」。高度経済成長へ。
1964 東京オリンピック。
1966 中教審「期待される人間像」。ビートルズ来日。エレキブーム。
1968 学園紛争広がる。
1970 大阪で万国博覧会。
1971 中教審「今後における学校教育の総合的な拡充整備のための基本的施策について」発表。「第3の教育改革」をうたう。
1981 このころ校内暴力激化。家庭内暴力も問題に。
1982 高校社会科教科書検定をめぐる「侵略・進出」問題起きる。
1986 東京都中野区の中学校でいじめを苦に男子生徒が自殺、社会問題に。
1987 臨教審答申。個性重視、生涯学習体系への移行うたう。
1989 日教組分裂。国連総会で「子どもの権利条約」採択。
1990 兵庫県の高校で遅刻をチェックする教師が閉めた門に挟まれ、女子生徒が死亡。「体罰」や「校則」の論議広がる。
指導要録など個人情報の開示を求める動き広がる。
1991 中教審「高校教育の多様化」など答申。総合学科設置へ。
1992 新学習指導要領施行。文部省は脱偏差値を唱え「業者テスト」追放を指示、「新学力観」に基づく教育を打ち出す。
2学期から学校週5日制月1回試行始まる。
1994 愛知県でいじめを苦に男子中学生が自殺。
その後も全国で相次ぎ、文部省が対策策定へ。
1995 1学期から学校週5日制隔週実施に移行。
日教組、文部省との協調路線明確に。
1996 文部省「いじめ対策」を発表。中教審「学校スリム化」など答申。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
493,952

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から