日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1993/11/25 産経新聞朝刊
【沈黙の大国】(213)日本を変える200人提言
西修(駒沢大法学部教授)
 
 「日本国憲法は世界でも新しい部類の憲法だ」。これは日本人の多くが思い込んでいる誤解です。世界百七十三カ国の現行成典憲法のなかで、日本国憲法は十五番目に古い憲法なのです。そのうえ、施行後一度も改正されたことがないという点では、世界でも異色の憲法だといえます。
 現行憲法でもっとも古いアメリカ憲法は、約二百年間に十七回、二十六カ条の改正を経験しています。最後に改正されたのは、選挙権の年齢を十八歳に引き下げた一九七一年ですが、憲法改正案は日常的に議会に提出されています。七、八年前に米議会を訪れたとき、下院に百以上、上院には二十ほどの改正案が提出されていて驚いたことがあります。
 ドイツの憲法(ボン基本法)改正のなかで、注目されるのは、再軍備条項の導入(五四、五六年)と非常事態条項の整備(六八年)です。最近ではことし五月に、難民の流入を阻止するため、ナチス時代の排他的民族主義の反省から生まれた亡命者庇護規定に手が加えられました。
 これらの国が憲法を何度も改正しているのは、社会の現状に憲法を適合させるためです。憲法は時代とともに歩むもの、というのが世界の常識なのです。
 八〇年以降に海外で制定された憲法の多くは、環境保護やプライバシー保護、情報にアクセスする権利を組み込んでいます。外国人の権利保護(ルーマニアなど)や高齢者・身体障害者・母性の保護(ベトナムなど)、消費者の保護(ナミビアなど)などをうたった憲法もあります。
 「世界で唯一の平和主義憲法だ」というのも日本人のもう一つの誤解で、世界では七十九カ国の憲法に、何らかのかたちで平和主義規定が設けられています。このうちイタリア、ハンガリー、エクアドルの三国の憲法も、わが国と同じく「国際紛争を解決する手段としての戦争」の否認をうたっていますが、同時に国際社会への平和貢献を明言しています。これに対して、日本国憲法は国際平和のために何をしようとするのかという姿勢がまったく示されていません。
 「新憲法」といっているうち、世界的には「旧世代」の憲法となってしまったのです。全体的に優れた憲法であることは否定しませんが、二十一世紀に入ろうとしている今日、新たな視点に立って、日本国憲法を再検討することが必要です。(聞き手 竹田徹)
 
◇西 修(にし おさむ)
1940年生まれ。
早稲田大学大学院修了。政治学博士。
現在、駒沢大学教授・法学研究所長。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
271,352

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から