日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1999/05/03 産経新聞東京朝刊
憲法問題本紙世論調査 改正賛成多数が定着
西修(駒沢大教授)
 
 憲法改正に賛成するとした答えが四七・四%で、反対の二〇・八%を二六・六ポイントも引き離している。一九九七年(平成九年)以降の各種調査でも賛成が反対を上回っており、いまや改正賛成多数が完全に定着したといってよい。年代別にみれば、若い世代には改正への抵抗感がなく、六十歳以上の男性には戦時中の意識が強く残っているようだ。
 改正すべき理由として「現状に合わなくなっているから」が最も多いのは、現行憲法が施行されてから五十余年が経過しているのだから、当然の見方だ。憲法規範と現実との乖離(かいり)現象は、いろいろなところに出ている。にもかかわらず、“進歩的”と称せられてきた人々が護憲を主張し、この憲法を“保守”しようとしているのは完全に時代離れしている。
 また、男性の六十歳以上の二二・二%が「押しつけられた憲法だから」を改正理由に挙げているのに対し、二十歳代、三十歳代および四十歳代の四分の一以上が「国際的に通用しないから」をあげているのは興味深い。おそらく三十歳代以下は日本国憲法の原案が連合国軍総司令部(GHQ)で作られたことをよく認識していないのではないか。認識していたとしても、憲法の出自にこだわりをもっていないのだろう。
 「改正すべきではない」とした理由では「平和主義をうたった憲法だから」が断トツだが、平和主義をうたう憲法を持つ国は百二十数カ国に上る。日本国憲法のみが平和主義憲法でないということが、いまだに浸透していないようだ。
 「改正すべき点」については、「第九条」が「国会」よりも少なく、さらに「天皇陛下の象徴としての地位」について見直すべきとの意見が非常に少ないのが特徴的。かつて憲法改正といえば、九条と天皇陛下の地位が主流だった。
 とくに九条については、他の世論調査でも一位にはなっていない。このことが何を意味するのかといえば、九条は自衛隊の存在を否定しておらず、国連平和維持活動(PKO)への参加も可能という解釈で合意がなされているのではないか。
 これに対し、国民の国会に対する不満は非常に大きい。とくに二院制はまったく機能していない。現在の参院は衆院と同様、政争の場となっている。潜在的に国会議員に対する不信も根強いことが、国会規定を改正すべきという数字にあらわれたのではないか。
 今回の世論調査結果は、従来の改憲議論が、実際は大きく様変わりしていることを明示している。こうした世論をふまえ、さらに議論を深めるために国会に「憲法調査会」を設置することは義務といえる。(談)
 
◇西 修(にし おさむ)
1940年生まれ。
早稲田大学大学院修了。政治学博士。
現在、駒沢大学教授・法学研究所長。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
273,629

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から