日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「在日ブラジル青少年の生活および意識調査」報告書

 事業名 在日ブラジル青少年の暮しの質向上のための調査およびワークショップ開催事業
 団体名 浜松NPOネットワークセンター  


4. 家族(父母)の子どもの学習への参加
 回答者の90%の親たちが、子どもたちの将来や基礎学力の大切さを思い、家庭での学習を手助けしているようだ。その内、子どもたちが学習内容をよく理解できるように、「常に助けてくれる」という回答は24.2%、「必要な時に助けてくれる」は22.6%、手伝いの頻度は明確でないが「助けてくれる」は17.7%となっている。ブラジル人学校の学費の高さが大きな壁となり、思うように子どもたちを通わせられないとの声をよく聞くが、就学している子ども自身から、親が「学費を払ってくれる」ことを親の学習への手助けとして捉えている声が16.2%ある。月謝が25,000円〜40,000円(通学バス費、給食費除く)と、学校により学費に差はあるが、2校共にこのような答えがあった。
 家族の学習への手助けがないと答えた10%の回答の内、33%が「親が忙しく、手伝う時間がない」と答え、「親が日本にいない」との答えも17%あった。
 
Q15. あなたの両親や家族は、あなたの勉強を助けてくれますか。
(全回答者62人に対する割合)
 
Q16. 勉強を助けてくれる理由は何ですか(複数回答あり)
(Q15で「はい」と答えた人(56人)の回答に対する割合)
 
Q17. 勉強を助けてくれない理由は何ですか。
(Q15で「いいえ」と答えた人(6人)の回答に対する割合)
 
Q18. 両親や家族はどのように勉強を助けてくれますか。
(複数回答あり)
  人数
よく理解できるように常に助けてくれる 15 24.2
よく理解できるように必要な時に助けてくれる 14 22.6
よく理解できるように助けてくれる 11 17.7
学費や勉強にかかるお金を払ってくれる 10 16.2
人生にとって勉強は大事だと、励ましてくれる。良い点が取れると喜んでくれる 3 4.8
時間のある時に助けてくれる 1 1.6
充分なサポートではない 1 1.6
子どものことを心配している 1 1.6
成績が上がり、伸びることを望んでいる 1 1.6
回答なし 5 8.1
合計 62 100
 
(Q15で「はい」と答えた人(56人)の回答に対する割合)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,023位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
2,000

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.『KOKORO-NETと私』
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から