日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


南の島の至宝
ポウナム/美と実用性を兼ね備えたニュージーランドのヒスイ
 
 「ポウナム(ヒスイ)」からつくられたさまざまな道具、装身具、武器などは、大切な家宝でした。「ポウナム」は美しさと、並外れた硬さを持ち、マオリにとってはとても実用的で貴重な石材でした。この石は彼らにとって「マナ」―力、威光、権威―を形にしたものでした。「ポウナム」はマオリの世界で「マナ」を象徴するものとして並ぶものがなく、いまもなお、の権威をたもっています。「ポウナム」はニュージーランド南島の「タオカ」すなわち宝なのです。
 ヒスイはまたニュージーランド南部の激しい自然史が生み出した、代表的な地質学的なシンボルでもあります。ヒスイがつくられる過程には膨大な熱と圧力を必要とするからです。
 この特別展では、ヒスイは自然史と人文系両部門で展示されています。地質学的な点から、ヒスイの生成過程は特に興味深いものがあります。この過程は地表で観察されることはきわめてまれです。
 一方、人間にとっては、「ポウナム」は西のはずれ、人里離れた荒野で採集されるため、入手困難な宝物とされていました。
 
ヘイ・ティキ:ヒスイ製垂飾
 
Southern Treasure
Pounamu/ New Zealand Jade combines beauty and utility
 
Tools, ornaments and weapons made from pounamu were prized heirlooms. Pounamu (nephrite) was the mineral most coveted by Maori, who utilised its attractive appearance and extraordinary hardness. The stone embodies mana - power, prestige, authority. As a symbol of mana in the Maori world, it was without peer - and remains so. It is a taoka or treasure of Southern New Zealand.
Nephrite is also a striking geological symbol - a product of the turbulent history of Southern New Zealand. It took immense heat and pressure to create it.
Jade has a place both in the Land exhibits and also in the People exhibits. Among geological processes, the formation of nephrite is of special interest. It occurs rarely in the landscape. On the People side, pounamu was a difficult treasure to acquire, being located in remote and rugged places out west.
 
※ポウナムは一般的に、ヒスイと軟玉と含めたグリーンストーン(green stone)と呼ばれています。
今回の展示では、便宜的にすべて「ヒスイ」と表現をしています。
 
マオリの大地、アオテアロア
 考古学的な資料やマオリの系譜学などから、ニュージーランド(アオテアロア)に移り住んだのは今から約800年前のこととされています。しかし、マオリの伝説は彼らの祖先がもっと早くこの島に足を踏み入れているとしています。
 彼らは海洋航海のためのカヌーに乗ってきました。このカヌーは大きなもので、後世のヨーロッパ人探検者たちが乗ってきた船よりも大きなものもありました。今日でも、マオリの各一族はこのカヌーごとにつくられてきた系図をひき、そのカヌーで航海してきた人物を誉れとしています。
 航海の末、たどり着いた土地は彼らの故郷、東ポリネシアとは全く違ったところでした。氷河が作り上げた景色、大きな湖、果てしのない森、大河、沼、砂丘そして玉砂利の川床。これらは海を越え、もっとも南そしてもっとも寒い地域までやってきたポリネシア人にとって初めて目にするものでした。
 
 彼らはネズミや犬など身近な動物と作物をこの島に持ち込みました。しかし、植物はことにこの島の南ではうまく根付きませんでした。幸いなことにニュージーランドは資源には恵まれた場所でした。食べられる植物の根や実は採り加工し、貝は拾い集め、魚は仕掛けで、森や水辺の鳥はわなや狩りで捕まえその肉は保存食にもされました。また、肉と牙のためにアザラシ狩りをし、うちあげられたクジラの大量の肉と骨はみんなで分けました。アオアアロアの森には家・カヌー・武器・道具などの材料となる木が多く生えていました。着物やカバン・網・つななどはアシ、ブドウなどの繊維を原料として、編んでまたは織ってつくられました。
 このような自然の恵みの多くは利用できる季節が限られていました。そしてその恵みを得るために、マオリの人たちはより広い地域を移動しながら狩猟・採集生活をしなければなりませんでした。しかし、彼らが一年間の暮らしの中で生活の基盤としていたのは海岸でした。
 ニュージーランドの土地にはまた、武器や道具の材料として適した石材もありました。南島西海岸でのポウナム(ヒスイ)の発見は、木工具や美しいペンダントやお守りを作ることを可能にしました。
 おそらくニュージーランドの生き物でもっとも不可思議なものは巨大なモアでしょう。モアは巨大で飛べない絶滅した鳥で、マオリの人たちはその肉と骨を利用するため狩りをしていました。その骨は特に釣り針に加工されていました。早期の遺跡、特に南島、の発掘調査ではモアの骨はよく見られる遺物です。そのため、初期のマオリの人々をさして「モア・ハンター」と呼ぶことがあります。
 人口が増加するにつれて、この豊かだった自然の恵みにも負担が大きくなっていきます。モアの乱獲はついにその絶滅をもたらしてしまいます。捕食者を持たなかった他の飛べない鳥たちもまた同じでした。農耕のためやデンプン質の供給源であったシダ類を茂らせるため、森のおよそ半分が焼き払われたと推定されています。
 ほかのどの地方にもまして、南島の南部は森とモアの消滅が与えた影響は大きいものでした。ここの寒冷な気候にはポリネシア風の農耕が適していなかったため、モアが主食に近いものだったからです。ここではヨーロッパ人が来島するまで、狩猟採集生活がつづいていました。外洋での漁業とシダ類の採集に生業の中心が変化していきました。
 
 マオリの到着からおよそ450年、ヨーロッパ人たちの地図にオランダ人の探検家 アベル・タスマンがニュージーランドの位置を書き入れました。この遠い島からの報告はアザラシやクジラ猟をもくろむ人々、後には移住者たちをひきつけることになりました。
 海岸に住むマオリの人々は積極的に捕鯨に関わるようになりました。多くの捕鯨基地がオタゴにつくられました。いくつかの基地では持ち込まれたばかりのジャガイモやブタといった食料の補給もしていました。銃による狩猟がはじまると、伝統的なマオリの財産である自然の恵みは危機的な状況に陥(おちい)っていきます。
 また宣教師の来島は人々に読み書きの技術を広め、まもなくキリスト教に改宗したものたちによって福音が広まっていきました。
 ヨーロッパからの移住の初期にはマオリの人々はまだ多数派の地位をたもち、貨幣経済や技術にたいしても優位な位置をしめていました。しかし1840年以降、ヨーロッパ系移民の数が増えるにしたがい、マオリ社会を取り巻く環境は悪化していきました。
 1840年英国王室は各部族の首長たちを招き、調停条約を締結しました。首長たちはこれにより、彼らの土地と資源をこのまま使用することを保証されたのです。しかし、このワイタンギ条約ではマオリの権利を充分に保護することはできませんでした。マオリ社会は次第に困窮をしていきます。条約締結後におきた、土地が原因の内乱や抵抗はなんの救いにもなりませんでした。近年、ようやく過去の取引を再審査することが司法によって公表されました。
 
 今日、マオリ文化の尊厳と権利の復活にむけてさまざまな取り組みが行われています。マオリの人々と、オタゴ博物館などのニュージーランドの遺産保護を任務とする機関で理解と協力を深める試みが続けられています。今回の特別展はその努力の結果なのです。
 
Maori in Aotearoa
Archaeological evidence and Maori genealogies agree that New Zealand (Aotearoa) first occupied about 800 years ago. Maori legend tells us, however that the ancestors of the Maori had earlier explored the location of New Zealand.
These first settlers sailed here in ocean-going canoes. Some of them were as large or larger than the sailing ships of the European explorers of later times. To this day each Maori tribe draws its descent from one or other canoe and honours the ancestors who sailed them.
The land that these people found here was very different from their tropical East Polynesian homeland. Glacial landscapes, large lakes, endless forest, wide rivers, swamps, sand dunes and shingle river beds were new to these seafaring Polynesians who in coming to New Zealand had reached their southernmost and coldest destination.
 
They brought with them familiar animals in the rat and dog and several crops. But the plants did not do well in the more southern parts of the country. Fortunately New Zealand was rich in its own resources. Edible plants roots and berries were collected and prepared; shell-fish were gathered; fish were trapped; forest and water-birds were trapped or hunted and their flesh preserved; seals were hunted for their flesh and ivory; the carcases of stranded whales provided an abundance of flesh, oil & bone. The forests of Aotearoa provided wide-grained easy to work timber used to build wooden houses, canoes, weapons and tools. Reeds, vines and vegetable fibres were gathered, prepared platted or woven into fine clothing, bags, nets and cordage.
Many of these resources were only seasonably available. To harvest them required the Maori to take up the more nomadic existence of hunter-gatherers. For much of the year, however, they were based at the many coastal sites. The land also provided suitable stone for the making of weapons and tools. The discovery of the pounamu or jade sources on the West Coast of the South Island made it possible to produce tough, sharp-edged woodworking tools as well as beautiful pendants and amulets.
Perhaps the most unfamiliar of New Zealand's creatures were the large Moa. These were large flightless now extinct birds, which the Maori hunted for their flesh and for their bone. The bone was used extensively in the manufacture of fishhooks. Moa bone is so common in early archaeological sites, particularly in the South Island, that the term "Moa hunter" was first coined for the early Maori people.
As the population grew ever increasing pressure was placed on these resources. Over-hunting of the moa resulted in their extinction. The same is true of other flightless birds that had hitherto not known a predator. It estimated that nearly half the forest was burned off to clear the land for agriculture or to encourage the growth of the bracken fern that was an important wild source of starch.
Nowhere was the disappearance of the forest and with it the moa felt more strongly than in the south of the South Island where the moa was a major food source and where the weather was too cold for Polynesian agriculture. Here the hunter-gatherer economy was to persist until the arrival of the first Europeans. The emphasis now was changed to a concentration on open sea fishing and the gathering of the bracken fern.
About 450 years after the first Maori settlement a Dutch explorer Abel Tasman placed New Zealand on the European map. The report of a distant land filtered back to the rest of the world attracting sealers and whalers, then later settlers.
Maori people in coastal areas enthusiastically joined the whalers. Many whaling stations were established in Otago. Some of the stations also supplied Europeans with food recently introduced into New Zealand such as potatoes and pork. At times food was exchanged for guns, which aggravated tribal warfare.
Missionaries came and they taught people to read and write. Before long the gospel was spread by converts.
During this early period of European settlement, Maori people thrived while still in the majority, taking advantage of the European cash economy and technology. But after 1840 their circumstances deteriorated as growing numbers of Europeans arrived in search of land.
In 1840 the British Crown intervened and invited tribal leaders to sign a treaty. They were guaranteed the continued use of their land and resources. This Treaty Of Waitangi did not provide sufficient protection. The Maori people became impoverished. Land wars and protests after the signing brought no relief until recently when Land Courts were set up and the Waitangi Tribunal given authority to review all past transactions.
 
Today there is a resurgence of pride and interest in Maori culture. A greater understanding and cooperation has developed between the Maori people and guardians of the nations heritage such as the Otago Museum. This exhibition is the result of this partnership.







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,702位
(30,306成果物中)

成果物アクセス数
4,805

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年12月8日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
4.「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?
5.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
6.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
7.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
8.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.体験乗船開催状況
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から