日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/06/27  産経新聞朝刊
【透明な歳月の光】イラクの混沌 複数の支配者が国を荒廃させる
曽野綾子
 
 イラクの戦争が混沌(こんとん)として来た中で・・・と書いてから、こういう書き方はやはり遠くの見物人の表現だ、と反省した。イラクのあちこちに住む村人たちにとって、最近の暮らしは、混沌などと言って済むものではないだろう。昔、サダム時代も、対立、恐怖、圧迫はあった。しかしそれなりに安定していた。しかし今の「混沌」は家族を失い、秩序をなくし、腹立たしい限りだろうと思う。
 理由は二つある。
 一つは今までの生活には、誰もが馴れていた。不自由は不自由なりに、貧しければそれなりに、圧政は圧政なりに、昨日まで存在していたような状態が今日も続く、という馴れがあった。これはまあ、けっこうなことなのである。誰もが、急な変化を好まない。今まで自由だったガソリンが急に列を作らねば買えなくなったり、今まで泥棒でなかった人が略奪を始めたりすると、これもまことに困ることになったのだ。
 二つ目は、アメリカという新たな支配者の出現である。サダム・フセインの時代には、家族も知らないうちに殺されていたり、殺されないまでも残酷な仕打ちを受けた人はたくさんいただろう。しかし、サダム・フセインはそれなりに理解できたのだ。同じアラブ人だから、憎み方もわかっていた。サダム・フセインを倒さなければいけないとしても、それはアメリカ人がやることではなく、もっと時間がかかるかもしれないが、同じアラブ人同士が好みの方法で「決着をつけ」ればいいことなのである。
 どんな憎いサダムでも、イラクの国内問題に武力で介入するアメリカ人よりましだ、とイラクに住む人々は、初めから思っていた。化学兵器で同じ部族を数千人も殺され、サダムを激しく憎むクルド人でさえ、ブッシュよりはサダムの方がましだ、と去年秋、まだ開戦前からはっきり言っていたのを、私は北シリアで聞いている。
 痛ましいことに、終戦後のアメリカ軍の犠牲者は五十人以上、イギリス軍は少なくとも六人はいる。アラブの格言は昔から次のように言っている。
 「もし国が荒廃することを望むなら、複数の支配者ができるように祈ることだ」
 つまり独裁者による支配の方が、親分たちの群雄割拠する社会よりは安定して暮らせるという体験的知恵である。
 今回のイラク戦争の苦い体験の中から、しかし日本人に恩恵をもたらしたものが確実に一つある。それは、イラク戦争に加わった特派員(従軍記者)たちが、アラブを理解するようになったことだ。記事を見れば、それがよくわかる。彼ら特派員たちは実際にこの国にふれて、日本にいるだけの評論家より、総じてはるかに正確にアラブを理解するようになった。少しでもアラブ通が増えれば、日本の知的財産になることはまちがいないのである。
(その あやこ)
◇曽野綾子(その あやこ)
1931年生まれ。
聖心女子大学卒業。
作家。日本財団会長。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(29,129成果物中)

成果物アクセス数
179,317

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年9月16日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から