日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/12/30 毎日新聞朝刊
[クローズアップ2002]民主帝国アメリカン・パワー(その2止)
<第1部 イラクとの戦い>
◇領土征服なき支配−−「価値観押し付け」表裏一体
◇取材班から
 米国は冷戦後の世界で一極支配の構図を次第に強め、軍事、政治、経済、文化の各分野で圧倒的なアメリカン・パワーを誇っている。今日の米国は、もはや従来の「超大国」という概念ではとらえきれず、歴史に大きな足跡を残すローマ帝国や大英帝国も及ばない存在感を示している。
 「新たな帝国」の特徴は軍事的な征服で版図を拡大した過去の帝国とは異なり史上類例のない「領土的征服を伴わない世界支配」を実現しつつあることだ。国務省のリチャード・ハース政策企画局長は「米国文化の魅力、経済力、民主主義などの原則を外交に反映させ、19世紀の英国のように全世界に影響を及ぼすべきだ」と述べ、自ら「帝国外交」という概念を提起している。
 ブッシュ大統領も今年6月、「自由を世界に拡大するため、人類の敵である独裁者らを打ち負かすのが米国の責任だ」と演説。イラク攻撃の準備が進む中、ブッシュ政権は中東全体の「民主化」推進を視野に入れ、国際秩序は今、大きく変わろうとしている。
 「民主」と「帝国」という二つの概念は「水と油」のごとく背反するが、比類なきパワーを持って「自由と民主主義による世界の再編」を実現しようとする米国には「民主帝国」という表現がふさわしい。だが、国際社会には、「自国の価値観の押しつけ」などとする米国批判や反発があるのも事実だ。取材班は、米国の姿をさまざまな観点から浮き彫りにし、21世紀の世界の方向性を探る。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
178,950

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から