日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


5. 付録
付録1:障害を持つお客様に対するHolland Americaの方針
 
 Holland Americaは、障害によって人を分け隔てすることなく、可能な限り障害を持つお客様に対応するよう努めています。Holland Americaは車椅子やスクーターを使用できるように設計された客室をいくつか用意しています。
 
 ただし、一部の乗り換え(テンダーボートや渡船橋への移動など)は完全に車椅子やスクーターの使用に対応していない場合もあります。船舶が港に停泊できない場合、お客様はテンダーボートと呼ばれる小型船で上陸します。移動がご不自由なお客様の一部は、渡船橋やステップが急勾配であるため、特に干潮時や満潮時には上陸やテンダーボートへの乗り換え時に、乗船や下船が難しい場合もあります。
 
 歩くことのできないお客様に対しては、乗船および下船時に車椅子を利用できるようにしています。ただし、場合によっては、お客様を背負う方法で移動をお手伝いすることもあります。これは、移動が困難なお客様が望まれるときに車椅子で上陸できない場合または一部の港で車椅子での上陸が全く不可能である場合です。関係者全員の安全確保のため、移動がご不自由なお客様を背負うか、お客様の移動支援機器(車椅子、スクーター、歩行器など)をお使いいただくかは、気象条件、船舶の位置、お客様の体重などを含め、これらに限らずあらゆる事項を考慮した上で、最終的に船長が判断いたします。
 
 また、第三者企業が提供している乗り換えや寄港地観光の設備の一部が障害を持つお客様に完全に対応していない場合があることもご承知おきください。当社は、このような他企業が乗り換えや寄港地観光を法の要求に従って提供するかどうか確認するよう努めてはいますが、これらの企業すべてが障害を持つ人々に利用可能な設備を提供できると保証することはできません。寄港地での観光のアクセシビリティ問題に関する最新情報については、船舶内のショアエクスカーションオフィスにお問い合わせください。
 
 船舶内および上陸時において、障害を持つお客様が特定の安全およびその他の基準を満たすことができない場合は、たとえ適切な補助手段およびサービスが提供されているとしても、当社の判断により代替の旅程をお客様にお願いしなければならない場合もあります。身の回りのこと(着替え、食事、安全訓練への出席など)がご不自由なお客様の乗船には、これらが可能な同伴者が必要です。特別な医療上、身体上、またはその他の必要事項が生じる可能性がある場合は、できる限り早くお知らせいただくことが重要です。
 
 船舶の設備については、Access & Compliance Department(800−426−0327 内線4514または電子メールHALW_Access@halw.com)に、お問い合わせください。
 
車椅子:船舶内の車椅子の数は限られているので、車椅子を使用する必要のあるお客様は、Holland Americaの車椅子に頼らず、ご自分の車椅子をお持ちになることをお考えください。車椅子とスクーターは客室内に置かなければなりません。Holland Americaの車椅子は、船舶内専用であり、下船することはできません。
 
無料の車椅子について:Holland Americaは、各旅客船内に限定された数の車椅子を備えています。これらの車椅子は、お客様の必要性にお応えするため、桟橋施設での乗船および下船の支援、緊急時、または一時的な使用に備えて用意しているものであり、特定のお客様によるクルーズ期間全体にわたる車椅子の独占的な利用を認めることはできません。また、寄港地での観光や旅行のために船舶内の車椅子を使うことはできません。
 
 クルーズツアーに参加するお客様は、船舶内の無料車椅子を陸上でご使用いただけないことをあらかじめご承知おきください。アラスカにある当社のサービスオフィスは緊急時以外にはお客様に車椅子を提供いたしません。空港での車椅子サービスは、航空会社に直接お申し込みください。Holland Americaは、空港での車椅子サービスの手配はできません。
 
 常に車椅子をご使用のお客様は、ご自分の車椅子をお持ちになるか、またはレンタルの車椅子をご利用ください。Holland Americaのお客様がよく利用する車椅子サービス会社は、次の2社です。
 
Care Vacations-STARS
電話番号:877−478−7827
Fax:780−986−8332
電子メール:stars@carevacations.com
Scoot Around
電話番号:888-441-7575
Webサイト:www.scootaround.com
 
 お客様は、その他のプロバイダーも自由に選択できます。当社は特定のサービスプロバイダーをお勧めしているわけではありません。最終的に、お客様またはお客様の代理人がサービスプロバイダーと交わした条件または取り決めに従って、これらの第三者企業が提供するサービスを利用した場合のリスクは、お客様が負うことになります。
 
 払い戻しなどの問題は、完全にお客様とサービスプロバイダーの間で解決してください。これらの事項またはHolland Americaのspecial requirements formに関するご質問は、当社のAccess and Compliance department(800-426-0327 内線4514または電子メールHALW_Access@halw.com)にお問い合わせください。できる限り対応させていただきます。
 
酸素:慢性症状のため継続的に酸素を必要とするお客様はご旅行の前にご自身で十分に準備してください。詳細は、トラベルエージェントにお問い合わせください。また、該当する場合は、サービス会社の住所と海外での窓口の連絡先をお持ちください。Holland Americaは個人的な使用のために酸素を船舶内に持ち込むことを許可しています。ただし、当社の船舶には、船内診療室で緊急時に使用する以外にこれらのサービスをお客様に提供する設備はありません。ただし、クルーズ船の乗客に定期的に酸素補給や酸素装置を提供する会社もあります。Holland Americaのお客様がよく利用するサービス会社は、次の2社です。
 
Advanced Aeromedical
電話番号:800−346−3556
電子メール:aeromed@pilot.infi.net
 
CareVacations-STARS
電話番号:877−478−7827
Fax:780−986−8332
電子メール:Stars@carevacations.com
 
 お客様ご自身で個人的にサービスプロバイダーをお選びいただいてもかまいません。
 
 酸素および酸素装置はすべてお客様および第三者プロバイダーの責任でご手配ください。当社は特定のサービスプロバイダーをお勧めしているわけではありません。最終的に、お客様またはお客様の代理人がサービスプロバイダーと交わした条件または取り決めに従って、これらの第三者企業が提供するサービスを利用した場合のリスクは、お客様が負うことになります。払い戻しなどの問題は、完全にお客様とサービスプロバイダーの間で解決してください。
 
 酸素または酸素装置の使用を必要とするお客様は、これらの手配が完了した時点で、船舶に適切に通知するため、当社のAccess & Compliance Departmentに必ずお知らせください。
 
 酸素または酸素装置の配達および受け取りの手続き、またはその他のご質問については、当社のAccess and Compliance Department(800-426-0327 内線4514または電子メールHALW_Access@halw.com)にお問い合わせください。
 
ペット
 
 障害を持つ乗客の認定された介助動物を除き、動物またはペットを乗船させることはできません。
 
介助動物
 
 Holland Americaは、介助動物の乗船を歓迎しています。場合によっては、介助動物を船舶から下ろすことを認める前に特定の厳しい要求を満たすことを求める寄港地が旅程に含まれている場合もあります。寄港地および介助動物に対する地域政府の要求はお客様の責任でお調べください。必要な文書および予防接種についての具体的な情報は、米国農務省、特定の港湾およびお客様のかかりつけ獣医のいる地域の税関から入手できます。文書および予防接種の要件はすべて、政府当局が求めるものであり、Holland Americaが求めるものではありません。介助動物の予防接種の証拠となる適切な文書がない場合、または当該地域に隔離要求がある場合、介助動物の下船が認められない可能性があります。その場合、お客様は介助動物の世話をするため船舶内に残る必要があります。ご質問その他については、Access & Compliance Department(800−426−0327 内線4514または電子メールHALW_Access@halw.com)にお問い合わせください。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,413位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
6,536

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.中国造船業の概況<2001年>
5.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
6.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
7.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
8.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
9.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
10.中東地域造船需要動向調査
11.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
12.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
13.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
14.海運・造船における電子商取引の現状と展望
15.中国造船業の概況(華北)
16.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
17.2002年度欧州造船政策動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から