日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


付録2:関連する報道発表
 マイアミ(2001年4月17日午前9:46 EDT)−Carnival Cruise Linesが差別訴訟に和解、同社のクルーズ船のバリアフリー度を高めて障害を持つ人々のアクセシビリティに対応することを約束。
 障害を持つアメリカ人の擁護団体、Access Nowの代理人として提訴した弁護士Matthew Dietz氏は、月曜日に署名された取り決めにより、Carnivalは同社の各船舶にバリアフリー度を高めた客室を最大25室設けることになると述べた。
 同氏によると、Carnivalの各船舶の客室のうち、4〜5室は「障害を持つアメリカ人法」に従い、入口を広げ、内装のサイズに余裕を持たせるとともに、車椅子を使用する人々が使えるようなシャワーを装備しなければならなくなるという。
 CarnivalのスポークスマンであるTim Gallagher氏は、和解条件の詳細を語ることは避けたが、同社が船舶に「大きな変更」を施す決断をしたことは認めた。
 和解には裁判所の承認が必要である。
 Access NowはRoyal Caribbean International、Magical Cruises、Norwegian Cruise Line、Holland America Line-Westours、Costa Crociereとも、同様の訴訟を係争中である。
 
付録3:クルーズ船における車椅子のアクセシビリティ
 Cruise Lines International Association(CLIA)のWebサイトhttp://www.cruising.org/では、「車椅子旅行者のためのガイド(Guide for Wheelchair Travelers)」が提供されている。CLIAは、クルーズ業界がクルーズバケーションの推進のために設立したマーケティングおよびトレーニング組織である。このガイドは、上記のWebサイトで次のハイパーリンクを順番に選択すれば入手できる。
 
1)Plan Your Cruise:
 
2)Special Interest Guides:
 
3)Wheelchair travelers:
 
 このWebサイトでall featuresの検索を行うと、添付したものと同様の表が表示される。この表には、25社のクルーズ会社が運航している148のクルーズ船について各種のアクセシビリティの特徴がまとめてある。なおこれらの表の横軸は次のとおりである(左から右の順)。
 
車椅子で使用できる客室
車椅子を使用する乗客の乗船
同伴者が必要
通常サイズの車椅子で使用できるエレベーター
幅の狭いサイズの車椅子で使用できるエレベーター
ドアの幅が広い客室
敷居が低いかまたは敷居がない客室
バスルームに手すりが付いている客室
傾斜路を使用できる客室
傾斜路を使用できる公室
車椅子で入れる公室
傾斜路の付いているデッキ
乗客用のあらゆるエリアにデッキから移動できる
 
4)車椅子を使用する乗客の移動
 







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,401位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
6,430

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.中国造船業の概況<2001年>
5.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
6.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
7.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
8.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
9.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
10.中東地域造船需要動向調査
11.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
12.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
13.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
14.海運・造船における電子商取引の現状と展望
15.中国造船業の概況(華北)
16.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
17.2002年度欧州造船政策動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から