日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

日本船舶品質管理協会の概要

 事業名 船用品関係の法令研究及び情報提供
 団体名 日本船舶品質管理協会  


設立の趣旨・目的
 
趣旨
 昭和30年代の後半以降、我が国経済の著しい発展に伴い海上交通が複雑多様化し、海上における安全対策が一層その重要性を増してきました。
 舶用工業界においては、各製品の信頼性を向上するため品質管理体制の整備を図ることが急務となり、運輸省当局においても舶用工業製品に係る認定事業場制度及び型式承認制度を拡大、合理化し、船舶検査制度の一層の充実強化を図る方針が示されました。
 このような情勢のなかで、官・民の協力により推進母体の設立手続きが進められ、昭和46年7月1日、運輸大臣より社団法人日本船舶品質管理協会の設立が認可されました。
 
目的
 本会は、船舶の堪航性及び海上における人命の安全の確保に資するため、造船業及び造船関連工業における認定物件及び法定船用品の品質管理に関する改善等を促進し、これを通じて造船産業の進歩発達を図ることを目的とし、その達成のため、次の事業を行っています。
(1)認定事業場に対する品質管理の向上に関すること
(2)認定事業場として認定を受けようとする事業場に対する品質管理の向上に関すること
(3)型式承認を受けた者に対する品質管理の向上に関すること
(4)型式承認を受けようとする者に対する品質管理の向上に関すること
(5)膨脹式救命いかだ、GMDSS救命設備等の整備事業場に対する技術の向上に関すること
(6)認定物件及び型式承認物件の品質管理、社内検査基準等に関する調査研究
(7)認定物件及び法定船用品の品質の改善に関する調査、試験及び研究
(8)参考図書及びその他印刷物の刊行
(9)その他、本会の目的を達成するために必要な事業







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,121位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
3,751

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.舶用機器及び船用品に関する検査関係資料(SOLAS条約2000年改正関連)
2.船舶安全法関係法令改正説明会開催案内
3.船舶安全法関係法令説明会資料(SOLAS条約2000年改正)
4.国土交通省型式承認物件一覧表
5.SART性能要件見直しに係るCOMSAR宛の日本国提案書(英訳)
6.海上安全指導員のしおり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から