日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


産経新聞朝刊 2000年4月6日
日朝国交正常化交渉再開 日本「拉致、誠実対応を」 北朝鮮「過去の清算優先」
 
 【平壌5日=近藤真史】日本と北朝鮮との国交正常化交渉は五日、平成四年十一月の中断以来、約七年五カ月ぶりに平壌市の人民文化宮殿で再開された。五日は双方の首席代表による冒頭発言が行われ、北朝鮮の鄭泰和大使(元外務次官)は第二次大戦中の謝罪と補償を中心とした“過去の清算”を優先して協議、解決するよう要求。これに対して、日本側は日本人拉致(らち)問題や弾道ミサイル開発問題などについても同時に協議を行うよう求め、双方の立場の違いが改めて明確になった。
 鄭大使は会談で、「“過去の清算”を進めることで他の問題も容易に解決できる」として優先処理を主張。具体的には(1)過去の侵略と占領に対する謝罪(2)人的、物的損失に対する補償(3)破壊、略奪された文化財に対する補償(4)在日朝鮮人の法的地位に対する補償−を列挙し、「どれも切り離せないワンパッケージの問題」として一括処理を求めた。謝罪については条約など法的文書で明確化するよう求めたが、交戦国としての賠償や戦後補償については言及しなかった。
 これに対して日本政府代表の高野幸二郎大使は、“過去の清算”の重要性については同意したものの、「現実に存在するいろいろな懸案について解決に向けて前進することが重要だ」と主張。拉致問題について「日朝関係改善のうえで避けて通れない問題であり、赤十字会談の進展も踏まえてさらに誠実な対応をとってほしい」と述べたほか、弾道ミサイル開発問題や日本人配偶者の一時帰国、工作船による領海侵犯事件などに言及した。
 日朝双方は、交渉を継続することで国交正常化を目指すとの基本方針で一致。今後、分科会の設置など交渉の進め方についても検討していくことになった。代表団は五日夜から六日夕まで一泊二日の日程で平壌市郊外の景勝地、妙香山を視察。七日午前に会談を再開する。(4面に関連記事)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
463,067

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から