日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


産経新聞朝刊 1999年12月3日
視点 村山訪朝団と朝鮮労働党 「拉致」事実上棚上げ
 
 村山富市元首相を団長とする超党派訪朝団は、北朝鮮側との会談で、政府間交渉の再開という一点を最優先した結果、これまで日本政府が交渉再開の前提としていたさまざまな問題を、事実上棚上げすることになった。なかでも日本の世論が最も注目していた「拉致(らち)事件解明」について、北朝鮮側は「行方不明者」という形での再調査を約束したが、拉致事件そのものを認めない立場は変わっていない。
 両国赤十字間で協議する「人道問題」として、「行方不明者」「食糧援助」「日本人配偶者帰国問題」の三点で合意したが、民間団体である赤十字が交渉の窓口となることで、日本政府としての発言の機会が少なくなるばかりか、北朝鮮にとって都合のよいコメ支援などの「人道援助」ばかりが強調され、日本人拉致問題が、ないがしろにされる可能性さえある。
 日本政府としては、村山団長の報告を受けたうえで、交渉再開に向けた準備に入るが、仮に交渉が再開されたとしても、拉致問題などの懸案を政府間交渉で全く取り上げなければ、今回の訪朝団だけでなく、政府間交渉そのものが何の意味も持たなくなる可能性は高い。(野口裕之)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
12位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
463,067

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から