日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


御遺体は 私の第二の生みの親
 長谷川 毅
 医学部に入学して最初に意識したのはやはり解剖学実習についてでした。私は今まで人が亡くなる場に居合わせたことがなく、御遺体に接する機会もありませんでした。そのため自分がいったいどう感じ、何を考えて実習を行うのか想像することができませんでした。
 そして初日、実習室に入るまで非常に緊張していたことを覚えています。しかし、扉を開け実習室に入っていくと不思議と心が落ち着いていくのを感じました。どうしてなのかは今でもわかりません。緊張感がなくなったわけではなく、不思議な感じでした。全員で黙をし、御遺体の上にかけられた白いシーツを取り去り、実習が始まりました。正直言いますと、最初御遺体の御顔を直視することができませんでした。
 毎日実習が進んでいくうち、ふと御遺体の御顔を拝見した時、「なんて優しくおおらかな御顔で眠っておられるんだろう」と私は思いました。そしてそれはあたかも子供を見守る親のような御顔でした。
 初めて御遺体に出会い、メスを入れた瞬間に「自分は医者になるんだ」と本当に実感したのを、三ヶ月たった今でも鮮明に覚えています。この時が私達が医学生として誕生した瞬間だと思います。大げさな言い方かもしれませんが、御遺体は私の「第二の生みの親」と言えるほどに私にとって大きな存在です。学生のうちはもちろん医師になってからも厳しく、また暖かく私のことを見守っていてくれると思います。思えば初めて実習室に入ったときの不思議な感じは、このような優しさに包まれたことを肌が感じとったのかもしれません。
 自分がいかに多くの人々に助けていただき、多くの人々の期待を受けているのかを実感することができました。初心を忘れず精進していきたいと思います。暖かく見守っていて下さい。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から