日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 西川 誠
 三ヶ月に及ぶ解剖実習を終え、実習前とは比べものにならないほど人体に対する理解が深まり、人間について真剣に考えられるようになりました。
 私はこの実習が始まるまで、遺体に向きあったり、手を触れたりという経験が殆どありませんでした。それ故、死というものに対して実感が持てずにいました。実習初日、各班毎にご遺体を受け取るまでは私の心の中の大部分を占めていたのは恐怖であったように思います。それは死に対してイメージが持てなかったからでもあります。手袋越しに伝わってくるご遺体の温度は、私がそれまでに触れてきたものとは全く異質のものでした。無機的に冷たいというのではなく、深みのある冷たさ、とでも表現するしかないのですが、亡くなられた方の人生の重みが伝わってくるような気がして、それ以来、ご遺体への畏怖は畏敬の気持ちへと変わりました。
 実際に実習が始まってみると、人体の精密なつくりに驚きの連続でした。こういった驚きや感動は教科書を読んだだけでは決して味わえなかったと思います。自分で作業をし、自分の目で見たものは確かに私の中に残ったはずです。
 解剖実習は、解剖学の知識が身についたのはもちろん、生と死について、人間について考えさせられた時間でした。私の今までの人生の中で最も濃密な期間だったと、それだけの重みを持ったものであったと思いました。それだけ実りある実習になったのは一つには班員の協力のおかげであり、皆がまとまって真剣に取り組めた成果です。そしてそれ以上に、献体された方のご遺志と、ご遺族の方々の理解あればこそ可能だったのであり、そのご厚意に報いるためにも、今後より一層勉学に励み、よい医者になれるよう努力し続けなければならないと、責任を感じています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から