日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 中田 夕香子
 三か月に及ぶ解剖実習期間を、いろいろな思いをして過ごしてきました。体力的にきつかったし、剖出がうまくいかず焦ったりいらいらしたりと精神的に余裕がないこともありました。また、目的の小さな血管や神経を見つけたときや、想像とは違う実物を目にしたときに、驚きや感動と言ってもいいような感情を覚えたこともありました。本当にいろいろなことに触れ、いろいろなことを知った日々でした。
 しかし、納棺式の日に、棺に貼る御遺体の名前を手にしたときの思いに比べれば、そんな数々の思いも色褪せるでしょう。
 私はそれまで、名前のもつ力を知らなかったと思います。
 名前を知らずに解剖していた時は、御遺体はあくまで「解剖体」でしかありませんでした。それが、名前を知ると、その方が一挙に「人」になり、苗字からはその方の家族が、名前からはその方の生前が、何も知らないというのに心に押し寄せてくるようでした。名前がこんなにも、その持ち主を想像させるものだとは今まで思いもしませんでした。
 その名前を、忘れてはいけない気がしました。
 こういう気持ちを知って、それを忘れずにいたら、患者取り違えによる医療過誤なんて起こりえないと思います。
 名前を知ったことで、最後の最後でその方の「死」と向き合うことができ、正しく解剖実習を終えることができたと思います。
 解剖の知識や理解だけでなく、名前を知った時に押し寄せてきた胸の詰まる思いを忘れることなく、患者さんひとりひとりの名前とそれが背負う人生まで尊重できる医者になりたいと思いました。そういう医者になることで、献体という形で出会ったその方に、私なりのお礼ができる気がします。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から