日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 加藤 新
 解剖学実習の最終日を翌日にひかえて、実習のテキストをパラパラとめくっていたら、一ページ目の鉛筆の走り書きが目に止まった。「七十六歳、男、遺体番号一三六六、死因肺癌・肺炎」僕が解剖させていただくことになったご遺体について、教えてもらうことができた唯一の情報だ。そんな事務的な記載の下に消え入るようなひょろひょろっとした文字でひとこと「あなたの人生教えてください……」とある。そういえば実習初日に、なんとなく釈然としない複雑な気持ちで書きなぐったことを思い出した。そしてまた、その時のちょっと複稚な気持ちがよみがえってきた。
 「人生教えてください」などとは安易なセンチメンタリズムだ、と言われてしまえばそれまでかもしれない。だが、約三ヶ月の実習を通して、折りに触れてそんな気持ちに捕われた。このご遺体の方にも、ご家族や兄弟や友人がいらっしゃるに違いない。たくさんの人間関係を築きながら、七十年以上の人生のなかで笑いもし、泣きもし、時には火のように熱い恋もしたのだろうか。かなわぬ希望だと知りながら、このご遺体の一生の一部でも知ることができたらと思った。人の人生を知るということは、その人に敬意を表すことだと思う。
 実習には真剣に、一所懸命取り組んだ。ただそれでも、献体をして下さったこの方の尊いご意志やご遺族の方々のご理解に見合うものだったのかと問われれば反省の点もある。
 「ありがとうございました。僕はあなたの納得のいく学生だったでしょうか? あなたは僕に合格点を下さいますか?」
 そうご遺体に問い掛けて、実習を締めくくりたいと思う。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から