日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖実習を終えて
 松下 紀子
 解剖実習が始まることをわかっていても、どういう様子なのかが想像できず、実習はいったいどんな世界なのかと思い、とても緊張した。最初の実習の時には自分が解剖をしっかりやれるのか不安だった。幼少時のとき以来、自分の身の回りで亡くなった人がいないので、遺体の様子など知らず、カバーをとった時は少なからずショックだった。このご遺体はかつては生きていたのだと思うと、お顔を直視することはできなかった。
 私は、もし自分自身が解剖される、もしくはその遺族だったら、やるべきことだけはしっかりやってもらわないといやだし、ぞんざいにあつかわれるのも耐えられないから、せめてこの後期の間だけはちゃんとした人でありたいと思っていたので、自分なりに必死にやった。でも、はじめのうちはご遺体に対して“ひと″という意識がすごく働いていたけれど、実習が進むにつれてだんだん“ひと″というよりは“もの″“作業対象″という感じになっていって、そう思わないと実習できなくて、どこかにわりきれないものを感じたし、今も感じる。慣れるにつれて、そう思うにつれて、やり方が少しずつ雑になったように思う。とくに、一回目の同定試験が終わったあとは、気が抜けた感もあった。が、顔面や頭部の解剖の初回はさすがに精神的に重かった。実習がある間はつねにどこかに疲労感がたまったような状態が続いた。でも、疲労感がとれなくても、食欲がなくなるとか、眠れなくなるとかいったことはなかったのがせめてもの救いだった。班の中でも自分のたくましさを感じた。自分のそういう部分は実習を進めるのには役立ったが、自分としては、どうかとも思った。
 この実習で、ほんとうに人体についてさまざまのことを学べたと思う。この貴重な経験を今後にいかしたい。献体してくださったかたに感謝します。ありがとうございました。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から