日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


解剖学実習を終えて
 小芝 泰
 二月二日、私たちは解剖学実習の全ての課程を終えました。終わりにあたって、これほど感慨を覚える授業は経験したことがありません。思えば昨年の十月、実習を始める前には、人体の構造についての一般常識を超えてほとんど何一つ知ることのなかった私たちが、人の身体の専門家としての医師への第一歩を踏み出したのだと実感しています。
 率直に言えば、実習が始まる前にはとても気が重く感じていました。ご遺体を自分の手で切り開く、という全くはじめての体験に不安と緊張を感じていました。そこで、最初の実習を前にして、患者さんの生命と身体を預かる医師を志す以上、何としても十分な知識と技量をもった医師になる、という気持ちと、医学教育のためにご遺体を捧げてくださった方がいるのだ、ということをなかば意識的に自分に言い聞かせました。
 実習が進むにつれて、ご遺体に接する緊張感が薄れていくことに、驚かされました。実習が始まる前はどれほど平静に作業できるかということに不安を感じていたのに、終わりに近づくにつれて、作業に熱中しているときには、時折意識的にご遺体に接しているのだということを思い起こす必要がありました。人は慣れるものだな、と妙に感心をしました。私自身患者として、医師と一般の人との感覚の乖離を感じることがありますが、医師となった後の自分自身に警戒感を感じました。
 医学知識はもちろんですが、それにとどまらず、この実習を通して多くのことを学んだように思います。知識の定着はまだ不十分ですが、ご遺体を提供してくださった方のご遺志に背かぬように、この得難い経験から学べる限りのことを学ぼう、という気持ちを自分なりに持ち続けられたように思い、それをとてもうれしく思っています。ご遺体を提供したくださった方、および、そのご遺族の方々はもちろんのこと、精力的に素晴らしいご指導をしてくださった先生方など、多くの方のおかげで、とてもよい勉強ができました。末筆ながら、心から、お礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から