日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 医学.薬学 > 成果物情報

解剖学実習を終えて 第23集 学生感想文集

 事業名 篤志献体の普及啓発
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


医療人としての姿勢と心構え
 二俣 慎
 大学に入学するまで献体という言葉は知らなかった。一年の時に献体の意味を知り、二年で実際に目の当たりにした。今でも、始めて人体解剖学実習室に入った時の異様というか普段感じることのない緊張感を鮮明に記憶している。最初に、解剖体の横で、献体に関するビデオを観た。もし、講義室で同じビデオを観ても、あのように集中して観ることができただろうか。実習室中に広がっていた緊張はビデオの中の解剖体が実際に自分の横にあるのだと思ったからだろう。布が取られ、実際の解剖体を見た時に気持ちが悪いとは思わなかった。しかし、人体にメスを入れるという行為は恐ろしいと思った。
 最初は先生に「……筋を見なさい」などと言われ、探すことに精一杯であった。何度か実習を重ねるうちに、より細かく慎重な作業が要求されるようになった。それにつれて実習の日が気の重いものになっていった。正直言って歯学部で人体解剖が必要なのかと考えたこともある。しかし、歯科医師であろうが医師であろうが医療に携わる以上、人体について知っているべきなのだ、と考えるようになった。さすがに実習に慣れてくると、集中力が薄れてくるような時もあった。しかし、頭頸部の実習が始まると集中力が高まってきた。やはり皆、医療人をめざす学生なのだと再確認できた。
 解剖学実習で何を学んだか。解剖学的知識は言うまでもないだろう。それ以上に、医療に携わるために実習しているという気持ち、心構えを学び得た。解剖体も生きていたのだと常に意識して、疑問点は予め調べてから実習に取り組もうと思った。一年の時に献体の話を聞いた時に、親が献体登録をしたいと言ったなら何も考えずに反対しただろう。しかし、多くのことを解剖体から学んだ今は、悩むだろう。自分達学生も人であるから実習に集中できない時もあった。しかし、実習全体を通し、皆は何かを学びとろうと必死であった。一番大きなものは、真剣に学習する姿勢と医療人としての心構えを学べたことではないかと思う。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
76位
(32,471成果物中)

成果物アクセス数
158,020

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月8日

関連する他の成果物

1.「献体とは」
2.「解剖学と献体その新しい展開 コメディカルの実習教育を考える」ビデオ
3.2001年度助成事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から